お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 中小企業診断士講座
  3. > 中小企業診断士
  4. > キャリア・就職
Image002

中小企業診断士はここで活躍している

中小企業診断士は、資格取得者の活躍の場が多岐に渡っています。これは、資格を取得した後のキャリアの幅が広いと言えます。今回は、そんな中小企業診断士が実際にどのような分野・領域で活躍しているのか、についてお話ししたいと思います。

幅広い分野で活躍する中小企業診断士には、人それぞれの専門・バックボーンがある

中小企業診断士の資格を取る方のバックボーンは、人によって本当に様々です。
製造業で働いている人、流通業界で働いている人、金融業界で働いている人、IT業界で働いている人、さまざまな分野の人が中小企業診断士になっています。


中小企業診断協会のアンケートによると、診断士が得意とする専門分野は多岐にわたっています。

一番多い「経営企画・戦略立案」は経営コンサルタントである診断士の花形ですから、得意なのも納得でしょう。
二番目以降は、「販売・マーケティング」「財務」「人事・労務管理」「生産管理」「情報化、IT化」「技術・製品開発」といった項目が連なっており、専門分野も人によって様々であることが分かります。

財務に強い中小企業診断士もいれば、人事労務に強い中小企業診断士もいる、ということです。

中小企業診断士が集まる勉強会に行くと、異業種交流会のような雰囲気がありとても楽しい雰囲気です。
さまざまな業界の人が中小企業診断士という共通点で集まりますので、自分とは別の世界の仕事をしている方の話にとても興味が湧いたりするのです。

中小企業診断士の資格を取った方が口々に言うのが「中小企業診断士の資格を取って世界が大きく広がった」ということで、資格をきっかけに社内で新しい仕事を割り当てられたり、独立するきっかけになったり、ということが毎日のように起きているそうです。


中小企業診断士は中小企業支援法に基づいた国家資格ですから、試験に合格するということは国に専門家として認められたという意味を持ちます。
登録すれば官報に名前が掲載され、送られてくる中小企業診断士登録証には経済産業大臣の印が押されており、この登録証を受け取ると「国が認めた専門家」であることを実感するという人も少なくありません。


中小企業の経営者というのは孤独な仕事で、社内にいる人間には相談できず、社外の人には経営の悩みを漏らせない、そんなポジションを強いられています。
そんな経営者の頼もしい味方が中小企業診断士です。

マーケティングはもとより法務・財務についても知識のある経営のプロであることに加えて、国家資格所有者の証である診断士を名乗っているため守秘義務もある上国に認定されてもいるため、経営者も安心して相談出来るというわけです。

また、中小企業診断士は他の専門家とのパイプ役にもなってくれることが大きな強みです。
税務の問題があれば税理士と、法務の問題があれば弁護士と組んで重層的に問題の解決にあたっていく、こうした問題解決能力が高いのもバランスの取れた知識の求められる中小企業診断士の特徴なのです。

中小企業において非常に重要なポジションとなる診断士需要は高まっており、まだまだ足りていないのが現状でしょう。

資格スクエアの中小企業診断士講座