お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 社会保険労務士講座
  3. > 社会保険労務士
  4. > 勉強法
Image068

労働安全衛生法とは?

労働安全衛生法は、職場での労働者の健康、安全確保を目的として、昭和47年に労働基準法で定められていた最低基準を独立させる形で制定された法律です。

社労士 労働安全衛生法とは?

【目次】

労働安全衛生法

労働安全衛生法のポイント

 

労働安全衛生法

労働安全衛生法は、職場での労働者の健康、安全確保を目的として、昭和47年に労働基準法で定められていた最低基準を独立させる形で制定された法律です。

試験でも労働基準法と親子的に扱われ(労働基準法と一体としての関係)、組み合わせての出題が行われています。法律の特徴としては、労働基準法が労働の最低条件を決めて、それを逸脱した場合に使用者に罰則を定めるものであるのに対して、労働安全衛生法は職場環境をより快適に形成する、という積極的な目的を持っていることが挙げられます。

労働者の安全と健康を守る、職場環境をより快適に形成するという本法の目的を実現する為の3つの手段が法1条において掲げられています。

危害防止基準の確立
事業者が守るべき「機械等による危険の防止」「有害物等による健康障害の防止」の為に、労働安全衛生規則など、数多くの規則を設け、詳細に規則を定めています。

責任体制の明確化
安全衛生管理体制(事業場等における、指示体系等)に関する規定です。

自主的活動の促進の措置
安全衛生教育を行なったり、労働者に健康診断を課す等の規定です。
 

労働安全衛生法のポイント

労働安全衛生法は前述の通り、労働基準法の一部を更に踏み込んで法令にまで高めたものですから、労働基準法には無い細かい規定が出てきます。
ここを混乱せずに押さえましょう。

①業務に起因する労働者の負傷、疾病、死亡などを表す「労災」

②労働安全衛生法に定める「労働者」の定義は労働基準法と同様ですが、労働安全衛生の所在が使用者ではなく、事業を行なう「事業者」と、より狭く定義されています。

③「元方事業者」という言葉があります。
「元方事業者」とは同一の場所で行なう仕事の一部を下請け人に請け負わせて、自らもその仕事を行う事業者のうち、最先次のもの、を指し、元請負人とも呼ばれます。
この元方事業者は労働安全衛生法の遵守のために関係する請負人、労働者を指導し、法違反に対しては是正の指示をすることが義務付けられています。
更に、造船業、建設業の元事業者については更に厳しい規制が設けられており、この元方事業者は特定元方事業者と呼ばれます。

労働安全衛生法によって、労働基準法だけではカバーできない、労働時の自己や中間管理職などを含まない事業者と労働者の関係性、同一の場所で仕事をする場合の責任の所在などを、より厳密に定め、指導、指示などを通じて、法令順守の責任者をはっきりさせるのです。

労働基準という指針の枠を超えて、積極的に法遵守を促すということになりますが、ここまで学習して初めて、労働基準法の全体像が見えてくるといっても良いでしょう。

 

資格スクエアの社会保険労務士講座