資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 社労士講座
  3. 社労士とは
  4. 試験概要

試験概要

社労士試験は年に1度、8月下旬に試験が実施されます。実務経験などによって一部科目が免除になることもあります。また、以下のように受験資格に制限があるのが特徴です。

受験資格
  • 1. 大学、短期大学若しくは高等専門学校(5年制)を卒業した者上記の大学(短期大学を除く)
  • 2. 62単位以上を修得した者(卒業認定単位以外の単位を除く(卒業認定単位は大学へご照会ください)。)
  • 3. 旧高等学校令(大正7年勅令第389号)による高等学校高等科、旧大学令(大正7年勅令第388号)による
    大学予科又は旧専門学校令(明治36年勅令第61号)による専門学校を卒業し、又は修了した者
  • 4. 修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が、1,700 時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
  • 5. 社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
  • 6. 行政書士となる資格を有する者
  • 詳しくはこちら
試験日 8月下旬
合格発表日 11月上旬
受験料 9,000円
試験地 北海道、宮城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県、愛知県、
京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県
出題形式 10:30~11:50(80分)  選択式
13:10~16:40(210分) 択一式
受験者数 約50,000人
合格率 7%〜10%

 

択一式試験の出題科目、出題数

 

試験科目 計7科目(配点)
労働基準法及び労働安全衛生法 10問(10点)
労働者災害補償保険法 10問(10点)
雇用保険法 10問(10点)
労務管理その他の労働に関する一般常識 10問(10点)
社会保険に関する一般常識
健康保険法 10問(10点)
厚生年金保険法 10問(10点)
国民年金法 10問(10点)
合計 70問(70点)

 

選択式試験の出題科目、出題数

 

試験科目 計8科目(配点)
労働基準法及び労働安全衛生法 1問(5点)
労働者災害補償保険法 1問(5点)
雇用保険法 1問(5点)
労務管理その他の労働に関する一般常識 1問(5点)
社会保険に関する一般常識 1問(5点)
健康保険法 1問(5点)
厚生年金保険法 1問(5点)
国民年金法 1問(5点)
合計 8問(40点)

 

合格基準について

 

平成28年度に関しては、
選択式試験は総得点23点以上かつ各科目3点以上である者(正答率57.5%以上)
択一式試験は総得点42点以上かつ各科目4点以上である者(正答率60%以上)
となっています。

合格基準は毎年変わりますが、65%以上の正答率があれば合格できるといえるでしょう。また、各科目について足切りがあるのも特徴です。