お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 社会保険労務士講座
  3. > 社会保険労務士
  4. > 勉強法
Image090

労働保険徴収法とは

労働保険徴収法とは、その名の通り、労働保険の保険料をまとめて徴収する目的で定められた法律です。 労働保険とは労災保険及び、雇用保険を総称したものですが、かつて別々に徴収されていたこれら労働保険の効率化のため、労働保険の適用徴収事務の一本化を定めた法律です。

社労士 労働保険徴収法とは

【目次】

労働保険徴収法

事業についての仕分け(継続事業、有期事業)

 

労働保険徴収法

労働保険徴収法とは、その名の通り、労働保険の保険料をまとめて徴収する目的で定められた法律です。
労働保険とは労災保険及び、雇用保険を総称したものですが、かつて別々に徴収されていたこれら労働保険の効率化のため、労働保険の適用徴収事務の一本化を定めた法律です。

労働保険徴収法は、企業ではなく事業単位で適用されます。事業ごとに徴収の方法を2通りに分けるというのがこの法律の特徴です。
強制適用事業、暫定任意適用事業とに事業を区分し徴収方法を定めます。

また、労働保険の適用の仕方として、2通りの適用事業に分けます。
一元適用事業
労災保険と雇用保険の適用徴収業務を一本化して処理する事業で、基本的にはほぼ全ての事業がこちらに該当します。

二元適用事業
労災保険と雇用保険の適用徴収業務を二元化し、別々に処理する事業です。
二元適用事業の適用事業については、労災保険、雇用保険の適用範囲が特殊であったりするため、二元化して処理を行ったほうが却って効率がよいためです。
(例:都道府県・市町村の行う事業、また、それに準ずるものの行う事業、農林水産、建設等の事業)
 

事業についての仕分け(継続事業、有期事業)

労働保険徴収法は、事業を区別し、より効率的に徴収を行うための法律ですから、今後新しい事業が発生しても対応が出来るようにより細かく事業を区分したほうが良いといえます。

事業の継続期間が有限かそうでないかによっても事業を区別します。
継続事業と、有期事業という区別の仕方ですが、有期事業のほうが限定的な範囲ということになります。

継続事業とは事業の期間が予定されない事業であり、一般的には殆どの事業がこちらに該当します。
有期事業とは、事業の期間が予想される事業で、建設事業、立木伐採の事業などがこれに該当します。
労災保険などの加入が任意となっている原因として、同じ事業内でも、行う仕事によって大幅に危険度も時期も異なる為、個別に保険適用についての算出を行うことが求められます。

実際に労働保険徴収法に基づいて保険料の徴収が行われるため、実務性が高いうえにその業務も多岐に渡り、社労士試験においてもやや配点の高い分野です。
計算の概念も入る為、苦手な人にとっては独学だといつまでたっても克服できずに悩んでしまう科目といってもよいでしょう。

こちらも特に過去問で出題の傾向をしっかりつかみ、全体像を把握した上で問題演習に時間をかけてほしい分野です。

 

資格スクエアの社会保険労務士講座