お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 宅建講座
  3. > 宅建
  4. > 勉強法
Image082

売買・交換とは違い、貸借の媒介契約成立時の媒介契約書面作成交付義務は無い。

宅建試験に合格後、実務であたることのある媒介契約にはいくつかの種類があります。

貸借の媒介契約成立時の媒介契約書面作成交付義務は無い。

宅建試験に合格して宅地建物取引士として営業を開始し、実際に取引をするとします。

しかしその取引、契約には様々な種類があるため、違いをよく知っておかなくてはいけません。

媒介契約書面

宅地建物の所有者が「これを売りたいから条件に合う買主を紹介してほしい」と申し出た場合、あるいはその反対で宅地建物を欲しがっている人から「こういうものが買いたいから条件に合う売主を探してくれ」という申出があった場合、宅建業者が承諾すると売買の媒介契約が成立します。
媒介契約とはこのように、売主と買主の双方を紹介し、会わせることで契約を結ばせることです。
契約自体は業者でなく、本人達の判断に基づき締結されます。

売買または交換の媒介契約が成立した時には、宅建業者は遅滞なく、媒介契約書面を作成して依頼者に交付する必要があります。
媒介契約書面には取引士ではなく、宅建業者が記名押印することが求められます。

売買・交換の媒介契約成立時には媒介契約書面の作成交付義務がありますが、貸借の媒介契約成立時の媒介契約書面作成交付義務は無いことに注意しましょう。

媒介契約の種類

媒介契約は、依頼者が宅建業者に重ねて依頼を出来る一般媒介契約と、複数の宅建業者への依頼が禁止されている専任媒介契約に分かれます。
一般媒介契約の場合、他に売買・交換の媒介または代理を依頼した宅建業者の明示義務がある一般媒介契約と、明示義務の無い一般媒介契約の2種類があります。

専任媒介契約では、依頼者は1つの宅建業者と売買・交換の媒介または代理の依頼をしたら他の宅建業者に重ねてそれをすることは禁じられています。
通常の専任媒介契約の場合、禁止されているのは他の宅建業者への重ねた依頼だけであるため、依頼者自身が独自に取引を見つけて契約する『自己発見取引』をすることは可能です。
しかし専属専任媒介契約はその自己発見取引も禁じられていて、媒介業者が紹介した人とのみ売買・交換をしなくてはいけません。

資格スクエアの宅建講座