お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 宅建講座
  3. > 宅建
  4. > 勉強法
Image083

売買・交換の代理 / 貸借の媒介 / 貸借の代理

宅建試験合格後、宅地建物取引主任者として業務にあたると、受け取れる報酬の額に限度が課されます。

売買・交換の代理 / 貸借の媒介 / 貸借の代理 ​

宅建試験に合格して実務にあたった場合、受け取れる報酬の額には限度があります。

報酬の計算式は、
・取引金額が200万円以下の場合
  →取引金額×100分の5
・取引金額が200万円を超え、400万円以下の場合
  →取引金額×100分の4+2万
・取引金額が400万円を超える場合
  →取引金額×100分の3+6万
です。

売買・交換の代理のときの報酬額

売買・交換の代理の依頼者から受け取れる報酬の最高限度額は、上記の計算式で出た金額の2倍までになります。
相手方からも報酬を受け取る場合でも、依頼者から受け取る報酬と相手方から受け取る報酬の合計が、上記の計算式で出た金額を超えてはいけません。

交換契約の代理の場合には、媒介のときと同じように高い方の評価額を基準にします。

代理業者や媒介業者が複数人という場合、全業者の報酬額の合計が計算式で出た額の2倍を超えることは出来ません。
一方の依頼者から代理の依頼を受けて他方の依頼者からは媒介の依頼を受けた場合、媒介依頼者からは計算式の額を超えた報酬を払わせてはいけません。
売主からも代理の依頼を受け、買主からも代理の依頼を受けているという場合は、2倍を超えない額の範囲で決めます。

貸借の媒介のときの報酬額

原則として、貸主・借主双方から媒介の依頼を受けた場合、双方から受け取れる報酬額の合計は1ヶ月分の賃料(使用貸借の場合は、賃貸したと仮定した場合の通常の賃料)の範囲内です。

ただ、移住用建物の賃貸借の場合は例外として、媒介の依頼者から1か月分の賃料の2分の1の範囲内で受け取ることが可能になります。
もし当事者の承諾があれば、原則の通り1か月分の賃料の範囲内で自由に決めることも出来ます。

貸借の代理のときの報酬額

貸借の代理の依頼者からは、1ヶ月分の賃料の範囲内で報酬を受け取ることが出来ます。
ただ、相手方からも報酬を受け取る場合は、依頼者と相手方からの報酬の合計が1ヶ月分の賃料の範囲内である必要があります。

資格スクエアの宅建講座