宅建カテゴリー的中率78%!AIによる宅建士試験出題予測『未来問』無料プレゼント

カテゴリ的中率78%!!AIが出題予測した模試『未来問』をプレゼント!

お申込みはこちら

 

宅建試験とは

宅建試験は宅地建物取引士になるための試験で、宅地建物取引業に必要な知識について問われるものです。

宅地建物取引士(宅建士)は、不動産売買をする人に、契約書の中でも特に大事な部分である「重要事項」を説明する役割を担っています。
宅建試験に受験資格はなく、どなたでも受験可能です。 不動産業界でキャリアアップを目指す方はもちろん、これから法律の勉強を始めるために受験する方も少なくありません。

宅建試験は法律資格の登竜門と言われることもあり、他の法律系資格の受験を目指す方がステップアップの第一段階として宅建の勉強に取り組むケースが見られます。

宅建試験は全50問、4肢択一形式のマークシート方式で行われます。

例年、宅建試験の受験者数は20万人前後で推移し、合格率は15%程度となっており、50問中35問前後が合格ラインとなっております。
つまり、出題される50問のうち約70%に正解することが合格の目安になります。

日本初となるAIによる宅建試験出題予測『未来問』1回目を無料プレゼント

資格スクエアではAIに宅建の過去問を学習させることで作成する予想問題『未来問』を開発しています。
昨年『未来問』の出題予測的中率は78%と、合格判定基準70%を上回る結果となりました。

未来問とは、AIが過去問の出題傾向を学習することにより、当年度の本試験問題を予測する試験問題出題予測サービスです。
過去問の問題を自動的に分類する分類エンジンと、本試験の問題を予測する予測エンジンの2つから成り立っており、人間が過去問の傾向から今年の問題を予測するがごとく、今年の問題を予測するものになります。

今回は通常、宅建講座ご購入に限り提供している未来問1回目を無料でプレゼントいたします。

宅建未来問無料プレゼント

 

(参考:未来問作成方法について)

平成1年~平成30年までに実際に出題された30年分の過去問題1,500問を教師データとして学習させ、そこから2段階のプログラムを経て今年度出題されるであろう問題を50問作成します。

まず、1,500問の教師データを93カテゴリーに分類し、それら93カテゴリーの年度毎出題数を学習させ、今年度の試験に出題されるであろうカテゴリーを50問予測します。(AIプログラム)
その後、予測したカテゴリーの中から問題をランダムにピックアップします。(※1)(問題作成プログラム)

過去問題をもとに出題予測を繰り返した結果、的中率78%(※2)を記録しています。
(※1 『未来問』は過去問で構成されております。)
(※2 平成29年までの試験を教師データとし、平成30年を試験データとしたときの的中率であり、令和元年の試験の的中率を保証するものではありません)

2019年度版『未来問』(1回目)

講座名 2019年度版『未来問』(1回目)
講座内容
未来問問題(1回目は無料)
未来問解答(1回目は無料)
未来問解説講義(1回目は無料)
配信スケジュール

配信中

視聴期限 2019年10月末
担当講師 宮嵜晋矢(宅建みやざき塾)
価格 無料

 

宅建未来問無料プレゼント

 


2019年度版宅建士『末来問』 無料プレゼントお申し込みフォーム

必須
必須
必須
必須
AIによる宅建士試験出題予測『末来問』無料プレゼント

お申込みには会員登録が必要です。
※「申込に進む」を押した後、会員登録画面に遷移します。

会員登録済みの方は こちらから ログインして下さい