資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 宅建講座
  3. 未来問合格パックで学習するメリット

未来問合格パックで学習するメリット

資格スクエアの宅建講座で勉強するメリット

  • スマホやPCで
    サクサク勉強

    資格スクエアの講座は、最初からスマホやPCで勉強するように作られています
    だから、スマホ1台で「動画を観ながら講義資料を読む」ことも同時にできるし、「メモを取る」といったことも簡単にできます!

  • 合格に必要なことだけ学ぶ
    スリム学習

    動画講義の時間は合計で約100時間。高得点を目指すのではなく、とにかく「合格」を目指すためにポイントを絞っています
    宅建士試験は約7割の正解で合格できる上、過去問の焼き直しが多いので、正しく勉強すれば短期間での合格も十分狙えます。

  • 法律専門の資格スクエアだから
    あなたも出来る!

    宅建の通信講座は多くあります。教材の見た目、内容、学習方法も様々です。
    日本で最難関の司法試験・予備試験でも多数の合格者を生む資格スクエアは法律特有の難しさも知っているので、法律の教え方には自信があります。安心してお任せください!

資格スクエア「宅建2020未来問合格パック」はこんな方におすすめ

次の3つを願うなら、是非一度資格スクエアの「宅建2020未来問合格パック」をご検討ください。
あえて高得点を目指すのではなく、最小の勉強で合格を狙う教材で、あなたも一発合格を目指しませんか?!

  • テストに出るところのみを
    勉強したい!
  • 短期間で
    一発合格したい!
  • スキマ時間を
    うまく活用したい!

「宅建2020未来問合格パック」のご紹介

合格パックは、以下の3つをセットにした短期一発合格を狙う講座です。
※問題演習機能、質問機能を省き、価格を抑えたプランです。

  • インプット講座(約50時間)
  • アウトプット講座(約40時間)
  • 直前対策講座(約10時間)

【直前対策講座とは?】
過去問からの焼き増しが7~8割を占めるということは、重要な部分とそうではない部分がはっきりします。
そこでこの直前対策講座では「高頻出問題」「受験生が間違えやすい問題」を選抜して丁寧に解説いたします。
独学ではなかなか気付けない宅建試験のクセをこの講座によりつかむことができ、試験直前からでも5点アップを狙えます!

お申し込みはこちら >

「宅建2020未来問合格パック」の魅力

魅力01 インプット満点は目指さず、確実に合格点を狙う!

試験に出題されやすいところに徹底的に絞った学習内容。短期間でマスター

宅建試験の勉強は範囲は広いのに、本番のテストではマークシート形式で50問しか問われません。
無駄な部分に力を入れてしまうと勉強に時間がかかり、合格が遠ざかります。
だから、このパックプランでは重要ではない分野はばっさり割愛しています。その分テストでよく問われる分野については丁寧に解説いたします。
7割取れれば確実に合格ができる宅建の勉強において、最も重要なことは満点を目指さないことです。
当講座では満点を目指さない、しかし、確実に合格点を取るというコンセプトとなっています。

スマホやPCで、隙間時間を使って学習できる教材

資格スクエアの講座はスマホやPCでオンライン学習をするために作られています。
スマホ1台で合格に必要なインプット学習ができます
一つひとつの講義動画も短く区切っているので、通勤・通学のスキマ時間を使って効率的に学習できます!

魅力02 アウトプット過去問頻出の周辺知識を徹底的にアウトプット!

過去問頻出の周辺知識にフォーカスしたアウトプット

宅建の勉強においてインプットよりさらに大事と言われているのがアウトプットです。
当講座の最大の特徴はテキストを読んでから問題を解くという従来のアウトプットではなく、実際に出題された問題の周辺知識を先にインプットしその知識をアウトプットすることです。すべて過去問が起点になっています。
宅建の試験では過去問からの焼き直し、つまり同じような問題が7~8割出題されます。
このアウトプット講座では過去問頻出問題を抜粋し、そしてその周辺知識をインプットすることでさらにムダを省き、効率的に合格することを手助けします。

魅力03 オリジナルテキスト&レジュメ法律を知り尽くした当社のノウハウを凝縮した教材!

法律勉強のノウハウを凝縮したオリジナル教材

資格スクエアでは短期間で効率的に合格するためにオリジナルのテキスト、レジュメを使用しています。
試験で最大の点数の稼ぎどころである宅建行法と法令上の制限、受験生が最もつまずきやすい権利関係と税その他。
問題演習には勉強のスペシャリスト「鬼頭政人」氏がプロデュースした、時間の無い人でも合格点に到達できる「2020年版クラウド宅建士OUTPUT」を使用します。 
また、オリジナルレジュメは白黒の文字だけでなく様々なカラーやイラストを用いることで法律を見える化
難しい用語の暗記ではなく、イメージで覚える教材です。
初学生にも分かりやすい、まさに受験生にとって最高の教材となっています。


▲2020年版クラウド宅建士OUTPUT

宅建レジュメ
▲「資格スクエア」オリジナルレジュメ

お申し込みはこちら >

宅建士試験 合格者の声

脳科学を活用し少ない時間で合格するための教材だから、今年も合格者が続々誕生しています。
未来問合格パックで宅建士合格を勝ち取った皆様の声を一部ご紹介します!

宅建士試験 合格者の声 戸崎裕司様

令和元年宅建士試験合格
戸崎裕司 様

先生にはプロ講師タイプと実務家タイプがいますが、私は実務に役に立つような勉強をしたいと考えていました。
実際田中先生はいろんな資格を持っていて、法律解釈が大変上手でした。講座がわかりやすいという声が多いのはそのへんによるものではないでしょうか。実務者が教える講座には社会で成功しているノウハウが入っていて、合格後につながると思います。

時間が無い人は正直アウトプット講座だけで十分です。それぞれの習熟度によってどれをどのくらい見るか変わってきますが、アウトプット講座に演習的なものが織り込まれているので、私はインプット講座を1回さらっと見た後に、アウトプット講座を5回見ました。アウトプット講座をしっかり受講すれば受かりますね。私が当初苦手としていた法律解釈がとてもよくわかるようになりました。
1日5分でもいいので、とにかく毎日講座を見ることですね。私は2倍速で見ていましたし、時間がとれず1コマだけという日もたくさんありました。あとは先生が授業で言っていたことを携帯に打ち込んで、時間があるときはそれを見る等もしていました。

宅建士試験 合格者の声 M・K様

令和元年宅建士試験合格
M・K 様

未来問を受講しました。実際、宅建の試験問題の構成や時間配分を知ることができました。問題についてもバランスよく出題されていたと思います。
普段も過去問やそれ以外の問題集などを解いていましたが、法令の部分でよく間違えて自分の思考回路に癖があることに気が付きました。
未来問では3回にわけて同じ分野でも問題の書き方を変えて聞いてくるので、その中でも気になる問題をピックアップして直前にみることで精神的に安定することができました。

解説は分かりやすく端的でした。直前にわからなかったことがわかると安心できるので解説を聞く価値があります。
そのうえ資格スクエアさんの解説は長々と眠たくなるということもありませんでした。「ポイントをテンポよく!」だったので忙しい人にもいいと思います。

未来問の結果とその活かし方ですが、私は3回とも点数の差がありました。そうすると本番が逆に怖くなったりもしましたが、ちょっとしたことで点数が崩れることがあるとわかったので本番は落ち着こうと思いました。
実際、今年は本番の試験の方が難しいと感じましたが、難しいと感じるのは未来問で考えたことがある問題以外のものだからだ、きっと皆難しいはずと思いながら解きました。
未来問で解いたことのあるところは自信をもっていたので、絶対にここは間違えていないと確証に近い気持ちもありました。講座をとっていてよかったと思います。

資格スクエアが選ばれる理由

オンラインによる超効率学習

オンラインだからこそ自分のスピードで進められます。
また、聞き逃した部分は何度でも視聴可能!
さらに、1周した後は、2周目以降自分の苦手な部分のみを視聴可能。
21段階の倍速機能を使用すれば1時間の講義が最大20分まで短縮できます。
二周目以降は、1.2倍速で視聴なんてことも可能!

これだけの充実内容なのに超低価格

資格スクエアは大手予備校に比べて3分の1という超低価格でサービスを提供しています。
これは、校舎やパンフレット、人件費といった受講生とはまったく関係の無い費用を削り、その分講座に費用をかけることができているためです。
そのため、これだけの充実内容を超低価格で提供し続けることができています。

宅建講座

お申し込みはこちら >