お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 宅建講座
  3. > 宅建
  4. > 勉強法
Image019

担保物権~留置権・質権~

宅建試験に出題される民法では、担保物権について定めています。

宅建試験に出題される民法では、担保物権について定めています。

留置権

留置権とは、他人の物の占有者(他人の物を預かっている人)が、預かっている物に関して生じた債権を有している際、その債権の弁済を受けるまでは返還を拒否出来るという権利です。
しかし不法な占有者には成立しません。

留置権は不動産に関しても生じます。
留置権は登記をしていない状態でも主張出来るため、不動産保存の先取特権の登記をしていない場合であれば、先取特権よりも優先して留置権を行使することが可能です。
そもそも留置権の登記は不可能で、登記なしに誰に対しても主張出来る権利なのです。

質権

債権者が債務者から、宝石など財産的価値のある物を債権の担保として引渡しを受けた場合、返済があるまでの返還を拒絶出来る権利を質権といいます。
この場合、債権者のことを質権者、引き渡した物を質物と呼びます。

留置権とは異なり、質権者は質物を競売し、その代金から優先的にお金を支払ってもらうことが可能です。
質権は動産・不動産ともに設定することが出来、動産質権の第三者に対する対抗要件は占有となります。
不動産質兼の場合の対抗要件は登記です。

資格スクエアの宅建講座