資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 宅建講座
  3. 宅建士統計資料

宅建士統計資料

地価公示(平成30年地価公示結果の概要)

平成29年1月以降の1年間の地価について

【全国平均】全国平均では、住宅地の平均変動率が昨年の横ばいから10年ぶりに上昇に転じた。商業地は3年連続の上昇、工業地は2年連続の上昇となり、それぞれ上昇基調を強めている。全用途平均は3年連続の上昇となった。

【三大都市圏】住宅地、商業地及び工業地のいずれについても、各圏域で上昇を示した。大阪圏は、住宅地はわずかな上昇だが、商業地の上昇率は三圏で最も高い。

【地方圏】住宅地は下落幅の縮小傾向が継続している。商業地及び工業地は26年ぶりに上昇に転じ、全用途平均でも下落を脱して横ばいに転じた。地方圏のうち、地方四市では、全ての用途で上昇し、上昇基調を強めている。

平成30年地価公示結果の概要(国交省発表資料)

 

平成 29 年の新設住宅着工戸数(概要)

平成29年の新設住宅着工は,貸家及び分譲住宅は増加したが、持家が減少したため,全体で減少となった。

1.総戸数

○平成29年の新設住宅着工戸数は 964,641戸。
○前年比では0.3%減となり、3年ぶりの減少。
○新設住宅着工床面積は 77,515千㎡,前年比0.9%減,昨年の増加から再びの減少。

2.利用関係別戸数

①持家

○平成29年の持家は 284,283戸(前年比 2.7%減, 昨年の増加から再びの減少)

②貸家

○平成29年の貸家は 419,397戸(前年比 0.2%増, 6年連続の増加)

③分譲住宅

○平成29年の分譲住宅は 255,191戸(前年比 1.9%増, 3年連続の増加)
 ・マンションは 114,830戸(同 0.2%増, 昨年の減少から再びの増加)
 ・一戸建住宅は 138,189戸(同 3.3%増, 2年連続の増加)

3.地域別戸数

○首都圏
 ・総戸数(前年比 0.7%増)
 -持家(同 4.7%減)
 -貸家(同 2.2%増)
 -分譲住宅(同 1.0%増)
  --うちマンション(同 0.0%減)
  --うち一戸建住宅(同 2.2%増)
○中部圏
 ・総戸数(前年比 0.3%増)
 -持家(同 4.3%減)
 -貸家(同 0.4%増)
 -分譲住宅(同 8.1%増)
  - -うちマンション(同 11.1%増)
  - -うち一戸建住宅(同 7.0%増)
○近畿圏
 ・総戸数(前年比 2.1%減)
 -持家(同 4.0%減)
 -貸家(同 4.0%増)
 -分譲住宅(同 7.7%減)
  --うちマンション(同 12.8%減)
  --うち一戸建住宅(同 2.2%減)
○その他地域
 ・総戸数(前年比 0.6%減)
 -持家(同 1.2%減)
 -貸家(同 2.9%減)
 -分譲住宅(同 9.5%増)
  --うちマンション(同 14.0%増)
  --うち一戸建住宅(同 7.2%増)

4.その他

○建築工法別
 ・プレハブは, 139,012戸で 3年ぶりの減少(前年比 6.4%減)
 ・ツーバイフォーは, 120,059戸で 3年ぶりの減少(前年比 3.0%減) 

建築着工統計調査報告(国交省発表資料)