資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

講師ブログ
  1. 資格スクエア
  2. 予備試験講座
  3. WEB答練(4期)

WEB答練(4期)

予備試験対策答練

個別に添削指導を動画で行う「WEB答練」

  従来の答練 WEB答練
添削方法 紙で添削指導 1つ1つの答案について個別に動画で添削
情報量 A4用紙1枚〜2枚 各答案につき、10分〜15分の動画
指導内容 自分の記述が正しいかどうかが中心に指摘 自分の記述が正しいかどうかの指摘に加え、なぜその記述を書く必要があるかなど根本的な理解を追究

答案1つずつについて、個別に添削をお送りします

従来のいわゆる答練は、受講生の提出した論文式試験の答案に、用紙の余白や、A4の紙1・2枚にコメントを付す、という極めて簡単なもの。また、内容的にも「〇〇という記述は不正確です」といった間違いの指摘に止まるものがほとんどでした。


これに対し、資格スクエアのWEB答練は、受講生より提出された1つ1つの答案について、司法試験・予備試験の合格者が答案指導を行い、これを収録した動画を一人一人個別にお送り致します。つまり、自分の答案についての合格者の特別講義を受けることができるのです。
従来の紙面上の添削の何倍もの量の情報をお伝えできるので、受講生の本質的な理解に迫る答案指導が可能となりました。

WEB答練サンプル動画

※WEB答練・サンプル動画(平成23年度・民法)となります。実際の動画は、1通あたり10分前後を予定しております。

動画で個別に添削するからこそ可能となる本質的な答案指導

動画だからこそ伝えられる

ここで、資格スクエアのWEB答練は、自分の書いた答案1通1通について、講師/合格者スタッフが動画で個別にコメントをする新たな形式。目から入ってくる視覚的な情報と、耳から入ってくる聴覚的な情報を合わせて、従来のの予備校で行われている紙面上の添削で伝えるよりも何倍もの情報をお伝えすることが可能となりました 

答案作成者の本質的な理解に迫る

伝えられる情報量が飛躍的に増えることで、「何がわかっていて、何がわかっていないか」という答案作成者の本質的な理解に迫ることが可能となります。

問題演習で身につけるべき力は、「全く同じ問題が出題された際に完璧な解答をする力」ではなく、「問題の本質を理解し、別の場面でも応用できる力」です。そしてこれを身につけるためには、本質的な理解に迫り、間違いを正し、方向性を修正していくことが求められるのです。

WEB答練の受講方法

STEP1 答案作成

資格スクエア指定の予備試験過去問の中から、答案を作成して頂きます。
※答案はPCを使って頂いても、手書きでも構いません。

STEP2 答案を資格スクエアまで提出

資格スクエア本部(info@shikaku-square.com)までメールに添付する形で、答案をご送付ください。
ワード形式・PDF形式がお薦めですが、スマートフォンで撮影した画像ファイルでも可能です。

STEP3 個別動画を返却

答案提出後、3週間以内に、添削動画を送付させて頂きます。
※DropBoxのURLをお送りさせて頂きます。

講座詳細

WEB答練(法律基本7科目)

講座名 WEB(導入編) WEB答練(法律基本7科目) WEB答練(実務基礎科目) WEB答練(一般教養科目)
販売価格 45,000円(税別) 100,000円(税別) 30,000円(税別) 20,000円(税別)
使用問題 憲法:旧司法試験平成8年度第1問改題
民法:旧司法試験平成6年度第1問改題
刑法:旧司法試験平成8年度第2問改題
憲法:予備試験H23・H26
民法:予備試験H23・H26
刑法:予備試験H26・H28
商法:予備試験H26・H27
民訴:予備試験H25・H28
刑訴:予備試験H27・H28
行政:予備試験H27・H28
刑事:予備試験H27・H28
民事:予備試験H24・H27
一般教養科目:予備試験H24、H28
お支払い方法 コンビニ決済・クレジット・銀行振込
答案の提出期限 受講開始後1年間
(パックプランをご購入頂いている方は、パックプランの視聴期間に準ずる)
対象者 ・予備試験の勉強をスタートして、答案を書き始めた方

・来年の予備試験に最終合格したい方
・論文のレベルをもう一つ上げたいという方
・他社の答練を受けたがいまいち点数の上がらなかった方

 


WEB答練お申込みフォーム

必須
必須
必須
必須




会員登録済みの方は こちらから ログインして下さい