お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 気象予報士講座
  3. > 気象予報士
  4. > 試験概要
Image052

気象予報士の難易度

資格試験の受験を検討している人が最も気にすると言っても過言ではないのが、その試験の難易度です。合格率1桁%台だと合格したときの価値は高いですが、合格できるかという不安も大きくなります。今回は、気象予報士の難易度についてお話ししたいと思います。

気象予報士の難易度|気象予報士試験について | 資格試験対策なら資格スクエア


気象予報士の難易度は合格率が約5%と言う点から比較的難しい試験であると言えます。また通説では合格者の約半数は気象関係の仕事など気象に関する職や学びに特化している方です。試験内容は学科と実技があります。数字だけを見れば、5%の合格率と言う点から非常に難しく見える試験です。非常に専門的で、中々覚えにくい事が多いと思われます。しかし一方で、効率性を意識した勉強をすれば、1年間ほどの勉強で合格できる可能性もあります。確かに気象予報士の勉強は覚える事が多く、理解も暗記も必要とされる為、どうしても長期戦になりがちです。しかし、弱冠12歳で受かる人もいる試験です。その為、しっかりとした対策を行えば、十分短期間で合格することも可能です。

短期間で合格を果たすためには、やはり覚えるポイントを明確にする必要があります。気象予報士で出題される問題は高校で学ぶ地学や物理学の延長線上にあり、基礎的で試験に良く出るポイントさえ押さえていれば短期間で合格することが出来るのです。その為には、過去問を分析する必要があります。過去問から同じような問題が出題される事も多いのが気象予報士の特長です。その為、気象予報士の短期合格を目指せるのは過去問を中心とした効率的な勉強方法になります。もう一つポイントとしては、しっかりとポイントを押さえて気象予報士の対策をしてくれる予備校に通うというものです。覚えるポイントをはっきりさせる際に、記憶の定着率を良くする際に、そしてしっかりと学習項目を理解する為には予備校に通うというのも一つの手です。気象予報士の試験を受けるに当たって、多くの受験生が予備校を利用しているのも事実です。

独学で合格を目指すにしても、予備校で合格を目指すにしても、気象予報士の試験は過去問対策こそが重要な要素となってきます。また、過去問の利用方法としては、やはりまず間違えた問題をしっかりと押さえるというのがメインになってきます。多くの方が過去問を自らのレベルを測る為に利用しています。しかし、過去問こそ正にインプット教材として使うべきでしょう。過去問で頻出の問題は、問題の作成者が重要視している学習事項です。これらのポイントを押さえる事は必須です。そして、その為にはなるべく過去問を解き、その過去問から学ぶ必要があります。短期合格の為には、過去問を効率的に利用することこそが重要でしょう。

資格スクエアの気象予報士講座