資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 行政書士講座
  3. 行政書士とは?|行政書士試験について | 資格試験対策なら資格スクエア

行政書士とは?|行政書士試験について | 資格試験対策なら資格スクエア

行政書士とは?

行政書士は近年ますます注目を浴びている人気資格です。
労働形態が多様化し、様々な働き方へのニーズが高まったことによってフットワークの軽い行政書士の仕事が活躍のフィールドを広げている為です。

また、法律の専門家というと係争時の代理人としてのイメージが強いという方が多いと思いますが、元来法的な書類作成の専門家であった行政書士が相談者への距離の近さを足がかりに身近な法律の専門家として係争を未然に防いだり、法的知識の無い人たちの官公署とのやり取りを円滑化するなど、幅広く社会に貢献している魅力ある職業なのです。

行政書士の仕事

行政書士とは?具体的にどのような仕事をするのでしょうか。
国家資格である行政書士は、国から「行政書士法」という法律によって身分を保障されています。
すなわち、独占業務を持つことを認められているのです。

行政書士の独占業務は概して書類作成、ということになりますが、取り扱える書類の数は非常に多く、1万種近くになるといわれています。
その業務フィールドの広さを生かして、行政書士会単位での知識共有、研修等を通じて活躍の場を着実に広げています。
幅広い業務をこなしてゼネラリストとして働く、一つの分野を掘り下げてスペシャリストとして働く、今は様々に活躍する行政書士が増えています。

行政書士試験について

行政書士は比較的難易度が高いといわれている国家資格で、試験も年に一度11月にしか実施されません。
毎年70,000人ほどの方が受験し、合格率は10%未満といった水準です。
これだけ大勢の方が受ける試験なので比較的近い試験会場で受験することが可能な場合が多いですが、会場は出願の早い順に選択できる為、早くから試験の概要を掴むようにしましょう。

また、どのような試験を受けるかを知っておくことも非常に重要です。
合格の為には総合得点、各科目の足きり得点のクリアが必要ですので、それを頭に入れ勉強に臨んだほうが効率的です。。
試験の合格基準は平成18年以降は大きく変わっていませんので試験概要と合格基準はしっかりと確認するようにしてください。

行政書士試験の勉強法(法令科目)

行政書士試験のメイン科目となる法令科目は、行政書士業とかかわりの深い各法令の知識に不可欠な出題範囲です。
法律系資格の中でも行政の役割や制度、行政と国民のかかわりについて定められた行政法からの出題が最も多く、次に私たち国民同士の横のつながりに関することについて定められた民法からの出題が多いです。

出題の範囲は広く、初学者の方は見慣れない法律独特の表現に悩むこともしばしば。
まずは出題される範囲と各科目、どのような問題を解くことになるのか、試験の内容を一度網羅して頂くことをお勧めします。
全体像をしっかり把握してから学習プランを練るようにしましょう。

行政書士試験の勉強法(一般知識)

行政書士試験において法令科目に比べると配点はやや低いものの、受験者を苦しめる一般知識科目は効率よく取り組みたい分野です。
特に政治、経済、社会からの出題はこれまで蓄積してきた知識量をすぐに埋めることは非常に難しく、範囲も膨大な為、行政書士試験の出題範囲の中でも最も暗記が効きにくい科目であるともいえます。

法令科目の進度や他科目の得手不得手、足きりの点数も鑑みてどのように勉強するかを決めることが望ましい為、実は早い段階から過去問を読み込みなど準備をすすめ、どのように取り組めば効率が良いかを時間をかけて検討してほしい科目です。
一見常識問題のように考えてしまいがちですが、決して侮ってはなりません。

資格スクエア行政書士講座の特長

行政書士試験は位置付けとしては難関資格であり、相応の勉強をしなくては太刀打ちできないことは確かです。
しかしながら、3時間の択一式試験一度(40時程度の記述式問題はあり)で合否が決まる点に非常に大きな特徴があり、人によっては時間をかけても得点が伸びず、致命的に苦手としてしまう方も多い「論文・口述」等の試験とは違い、こつこつと勉強することで確実に実力をつけることが出来る資格試験であるといえます。

ただし、論述試験のあるような他法律資格受験者が勉強をせずに行政書士試験に合格できるかというと決してそのようなことは無く、範囲の広い法令科目・一般知識はしっかりと勉強をしないと得点することが出来ません。
行政書士は難関資格ですから、どのような方でも時間をかけて勉強をする必要があります。
資格スクエアではその勉強をなるべく効率よく行って頂けるように自己学習の扶助として、ペースメーカーとして講義を活用して頂きたいと考えています。

大内講師のインタビュー

大内講師が資格スクエアにおいて効率よく勉強して頂く為の講義を提供できるのにはしっかりとした理由があります。
・自身が約2ヶ月の勉強で行政書士試験に合格をしたこと。
・その際には手を広げすぎないように、効率を重視して勉強に取り組んでいたこと。
・豊富な実務経験を通して、合格してからがスタートという理念を持っていること。

最大限効率よく試験勉強をして頂く為に、隙間時間を利用していつでもどこでも勉強が出来る資格スクエアのサービスにおいては、大内講師の講義は正に"鬼に金棒"であるといえます。
学習スタイルを決めることと講師選びは資格試験の最重要ポイントです!
是非資格スクエアの行政書士講座を体験してみてください。

資格スクエア行政書士講座

講義名 コマ数、時間数
憲法・基礎法学講義 5回・約5時間
行政法講義 16回・約16時間
民法講義 21回・約21時間
商法・一般知識講義 5回・約5時間
記述式対策講義 12回・約4時間
全講義回数 約60コマ
講師への質問機能 あり
2015年度版の講義配信予定 あり
資格スクエア行政書士講座 月額5,000円


資格スクエアの受講システム