AIは何の略?意外と知らないその意味に迫る

AIは何の略?意外と知らないその意味に迫る

AIは既に多くの環境下で利用されている、非常に素晴らしい技術です。やがては人間をも凌駕するとも言われていますが、実は昔からある技術で今はその進化のスピードが速まっているだけです。昔からある技術ながら、意外とAIは何の略かご存じでない方も多くいます。ここでは、AIとは何の略であるかについて解説します。

1. AIの歴史は?

まずはじめに、AIの歴史について改めて解説します。AIの歴史は、実は古代の神話、物語、噂などが期限となっています。名匠が人工物に知性または意識を与えたという神話からきており、パメラ・マコーダックという書物において登場するAIの起源については、「神を人の手で作り上げたいという古代人の希望」と記されています。他にも、ギリシア神話でも機械人間や人工生命体として、ヘーパイストスの黄金のロボットやピュグマリオーンのガラテイアが登場しますが、これにもAIが密接に関係しています。最新の技術と言うイメージがありますが、思想的にはこれだけ古いものであることは、意外と知られていませんよね。

本格的にAI研究がスタートし始めたのは、1956年のことになります。ダートマス大学のキャンパスで開催された会議により、AIについて議論が行われています。その会議の参加者がリーダーとして、後のAI研究を牽引するきっかけとなっています。この段階では、人間と同程度に知的なマシンが彼らの世代のうちに出現するだろうと予測されていました。それを実現するために、数百万ドルという当時としては破格の資金を与えられた。ただ、この段階ではプロジェクトの困難さを把握できず、頓挫してしまいます。

1973年には、アメリカとイギリス政府が、は人工知能関連の目標不明な研究への出資を止めた。一方で、日本では夢想的発案が持ち上がり、政府や企業が500億円以上の資金をAI研究に投資しましたが、これもうまくいかず結局花を開くことがありませんでした。

2. 本格的に普及したのは21世紀に入ってから!

AIが本格的に普及し始めたのは、21世紀に入ってからです。ビッグデータと呼ばれるような大量データが扱える技術が確立したことで、AIが大好物とする知識である「機械学習」が実用化されたのが、最も大きなターニングポイントとなっています。他にも、知識を定義する要素をAI自らが学習することができるディープラーニングの登場も大きな要素です。

ディープラーニングがすごいところに、膨大なデータを機械学習させると、人間が注目すると想定される特徴量をAIが自らが判別できる点にあります。人間が特徴を設定することなく、機械学習によりAIが人間と同じ判断を下すことができるので、より身近な存在となっています。今では、主にスマートフォンの音声認識機能や、ペッパーをはじめとしたロボットへの応用が進んでいます。

3. AIとは何の略?

では、本題に入りAIとは何の略であるかについて解説すると、「Artificial Intelligence(アーティフィシャル インテリジェンス)」の略となります。日本語では人工知能となり、計算機による知的な情報処理システムの設計や実現に関する専門分野という意味になります。今のAI(人工知能)の使われ方と少し意味合いが違っていますが、「知的な情報処理システム」という意味では、やはりビッグデータを処理するという思想につながりますよね。いかに質が良いデータを多く確保できるかが、AI(人工知能)の肝であることは今でも変わらず、設計する上でもその点を意識して開発すことが重要です。

4. まとめ

AI(人工知能)の意味を知ることで、その歴史も垣間見ることができますよね。今後も更なる発展を遂げる業界でもあり、今のうちに適切な知識を得ておき、これからのAI(人工知能)時代で活躍できる能力を身につけましょう。

↓↓↓人工知能とは何か?AI研究者の浅川先生が解説しています↓↓↓

資格スクエアチャンネルでは幅広い分野の疑問について解説しています!

AI検定カテゴリの最新記事