G検定に合格するために必要な対策って何?独学者におすすめの対策本まとめ

G検定に合格するために必要な対策って何?独学者におすすめの対策本まとめ

 

現代的な資格として今後のニーズが高まると言われている「G検定」をご存知でしょうか?G検定とは、ディープラーニングの知識をつけ、事業に活用するための資格試験になります。近年、AIの発達は著しいです。しかし、AIに関するリテラシーが備わっている人間は意外にも少ないです。今回紹介するG検定は2017年開始の新しい資格ではありますが、年々受験者は増え続けています。

そこでこの記事では、G検定に合格するための対策・学習方法をまとめました。

1 G検定に合格するための対策方法

G検定は2017年開始の新しい資格になります。直近だと2020年7月に試験が行われ、合格率は約67%とかなり高い結果になりました。
しかし、専門家の受験者が多いため、合格率の高さを鵜呑みにして試験に挑戦するのは大変危険です。

(1)G検定に合格するための学習時間

機械学習・AIといった知識がない初学者の方で約100時間の学習時間が必要といわれています。1日1時間と考えても約3ヶ月かかります。どんなに詰めてやっても個人差はありますが、1ヶ月はかかるでしょう。

ただ、上記はあくまで目安の対策時間です。個々によって勉強の得意・不得意があります。更には、仕事内容によってスタートラインの知識が変わってきます。自分自身の性格・状況を見極め、自分に合った学習方法で学習時間を確保するのが一番適しています。

(2)G検定に合格するための学習内容

結論、指定推薦図書の勉強になります。従来の資格は様々なテキストや参考書があります。
しかし、G検定は運営の日本ディープラーニング協会が推薦図書を指定しています。言い方を変えれば、公式テキストになります。

指定推薦図書は以下の3冊です。

① 深層学習教科書ディープラーニングG検定(ジェネラリスト) 公式テキスト

出典:Amazon

ページ数 344ページ
発売日 2018/10/22
価格 3,080円

・日本ディープラーニング協会G検定推薦図書
・日本ディープラーニング協会が執筆
・各章末に練習問題が付帯
・「JDLA Deep Learning for GENERAL 2018」に完全準拠
・ディープラーニングについての最新事情

② ディープラーニング活用の教科書

出典:Amazon

ページ数 292ページ
発売日 2018/10/25
価格 1,980円

・日本ディープラーニング協会G検定推薦図書
・日本ディープラーニング協会監修
・事例をもとにした解説
・ディープラーニングの活用法までも網羅

③ ディープラーニング活用の教科書 実践編

出典:Amazon

ページ数 260ページ
発売日 2019/10/25
価格 1,980円

・日本ディープラーニング協会G検定推薦図書
・日本ディープラーニング協会監修
・「ディープラーニング技術年表」「インターネットでいうと1998年」収録
・「ディープラーニングビジネス活用アワード」を受賞した6プロジェクト全て紹介

これらの公式テキストを完璧にすればほぼ確実に合格することができるでしょう。しかし、公式テキストの内容を読んだだけで理解できるかどうかはまた別問題です。慣れない単語も多くでてくるため、ITリテラシーが劣る方は特に理解への難易度が高いでしょう。そんな方は3 資格スクエアG検定講座 最低でも無料講義で理解を深めよう をご覧ください。

(3)理解の「錯覚」を防ぐために合格者推薦本も読んでみよう

日本ディープラーニング協会が指定した推薦図書は上記3冊になります。3冊全ての内容を完璧に理解すれば合格する可能性は高いでしょう。しかし、どうしても読んで理解した気になってしまう方は多くいます。

このような状態は非常に危険です。「理解していないのに、理解した」と錯覚しないためにも、合格者推薦本を読んでみることをおすすめします。このように、G検定に関わる内容について違う角度から学習をすることで、本当の意味での「理解」そして「合格」に繋がります。

日本ディープラーニング協会 合格者推薦本はこちらから

2 アウトプットに最適!G検定の問題集まとめ

アウトプットとして、G検定に関連する問題集が理解の援助として大きな役割を果たします。主なG検定対策本について概要と共にまとめました。

(1)徹底攻略 ディープラーニングG検定 ジェネラリスト問題集

出典:Amazon

ページ数 230ページ
発売日 2019/2/8
価格 2,310円

・ディープラーニング G検定にいち早く対応した問題集
・多数のG検定合格者を輩出しているスキルアップAI株式会社の明松 真司氏・田原 眞一氏による執筆
・業界の第一人者 杉山 将氏(理化学研究所 革新知能統合研究センター センター長/東京大学 教授)監修
・模擬問題収録
・正答・誤答ともに解説

(2)スッキリわかる ディープラーニングG検定(ジェネラリスト)テキスト&問題演習

出典:Amazon

ページ数 304ページ
発売日 2020/3/28
価格 2,750円

・「出るところだけ」を効率的に学習
・分野・テーマごとの最重要知識「Super Summary」付き
・図表を豊富に採用
・本試験を超える問題数を収録

(3)スッキリわかる ディープラーニングG検定(ジェネラリスト)テキスト&問題演習

出典:Amazon

ページ数 270ページ
発売日 2020/3/25
価格 2,750円

・簡潔なレイアウト
・インプットアウトプットを1冊で可能
・表や図を多用し、理解のしやすさ向上

(4)最短突破 ディープラーニングG検定(ジェネラリスト)問題集

 

出典:Amazon

ページ数 360ページ
発売日 2020/9/26
価格 2,618円

・最新 のG検定を分析し、重要な箇所を網羅
・既存の本に少ない「深層強化学習」の問題・解説も充実
・解説だけで170ページ以上のボリューム
・重要なキーワードを押さえた「用語解説」を各章に記載

3 さらに理解を深めたい方は資格スクエアG検定講座 最低でも無料講義に取り組もう

これまで紹介した内容を学習しても理解が完璧にできない場合もあります。しかし、焦る必要はありません。当然、理解には個人差がありますし、キャリア状況にもよります。

初学者にとっては単語から意味がわからない場合があるでしょう。単語の解説にも専門用語を使われることがあります。そのため、初学者が日本ディープラーニング協会からの指定推薦図書3冊のみで合格を目指すのは茨の道です。既学者の方であっても、少しでも理解が追い付いていないと感じたら補助教材で学習の効率化を図りましょう。

そこで、資格スクエアではオンラインでいつでもどこでも学習可能なG検定の講座を展開しています。本講座は、日本ディープラーニング協会の有識者会員 浅川伸一が講師です。初学者の方も既学者の方も無料講義からご覧ください。

講座名 G検定対策講座
講座内容 ・G検定の解説と本講座のガイダンス
・⼈⼯知能(AI)とは
・⼈⼯知能をめぐる動向
・⼈⼯知能分野の問題
・機械学習の具体的⼿法
・ディープラーニングの概要
・ディープラーニングの研究分野
・ディープラーニングの応用に向けて
視聴開始時期 2020/9/3~
講師 浅川伸一 講師
教材 深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト)公式テキスト
価格 66,000円(税込)

資格スクエアG検定講座無料講義はこちらから

4 サマリー

G検定の試験対策としてはディープラーニングからの指定推薦本を完璧にすることです。しかし、初学者にとって、読むだけで全てを理解しようとするのは困難を極めます。そこで、通信講座や問題集等参考書で理解の援助をすることで、合格により近づきます。

5 まとめ

・G検定合格のための目安学習時間は100時間

・目安学習時間を鵜呑みにすると危険

・主となる対策方法はディープラーニングからの指定推薦本

・初学者がいきなり推薦本を読んで理解するのは難しい

・G検定講座を利用するとより理解が深まる

・最低でも資格スクエアG検定講座無料講義は使用しよう

・講座・問題集に取り組むことでより合格に近づく

AI検定カテゴリの最新記事