宅建取得のメリットとは?そもそも宅建って?

宅建取得のメリットとは?そもそも宅建って?
宅建メリット

そもそも宅建とは?

宅建メリット

誰でも一度は聞いたことがある「宅建」。しかしながらその仕事内容を把握できている人は少ないのではないでしょうか。

そもそも宅建とは宅地建物取引士のことで、不動産会社で働く人をイメージすると分かりやすいです。

家は一生に一度の買い物となることも多く、その取引額はかなり高額なものとなります。

その土地や建物の売買、賃貸物件の斡旋作業をするのが彼らの仕事となります。

不動産を購入するお客様の多くは不動産に関する専門知識や売買経験がほぼありません。

そのため不当な契約を結んでしまうとお互いに大きな損害を被ってしまいます。

そのようなことがないように重要な事項を説明するのも宅建士の仕事です。

また、実は先ほどお話した土地や建物の売買、賃貸物件の斡旋作業は宅建の資格を持っていなくてもできます。

しかし、一番大事である「重要事項の説明」はこの宅建の資格を持っていないとできません

この重要事項の説明を行うことでその取引に不正がないかを確認し、お客様からの信頼を得られるのです。

宅建士にしかできない仕事、つまり、宅建士の独占業務は「重要事項の説明」のほかに「重要事項説明書への記名押印」「契約内容書面への記名押印」があります。詳しい業務内容は以下の図をご覧ください。

 

宅建メリット

このように宅建士には独占業務が3つもあり、これは宅建士にしかできません。宅建がなぜ人気なのかがわかりますね。

 

また、以下は企業が社員に勧める資格ランキングです。

<1位>宅地建物取引士

<2位>社会保険労務士

<3位>中小企業診断士

ではなぜこれほどまでに宅建の人気が高いのでしょうか?

それは土地や建物は企業経営の基盤となりやすいからです。

宅建の資格を持っているだけで有利になるのは間違いありません!

宅建の難易度は・・・?

宅建メリット

では、これほどまでに人気な宅建。果たして難易度はどうなっているのでしょうか。

宅建の試験はマークシート形式で行われ50点満点の試験です。

合格点は35点前後でおよそ7割取れれば合格となります。

また、宅建には受験資格がありませんのでどなたでも受けられます

宅建の合格率は15~17%とほかの国家資格に比べると割と難易度は低めとなっています。

勉強時間の目安は3~6ヶ月を毎日4-5時間と言われています。

マークシートでほかの国家資格に比べると難易度は低いとはいえ、生半可な気持ちでは受かる資格ではありません。

それ相応の勉強量は必要となってきます。

宅建メリット

宅建取得のメリット!

宅建メリット

ここまでで、宅建の主な仕事内容や、難易度などの基本的な情報はつかめたでしょうか?

 

ではここから、宅建の人気の秘密、宅建取得のメリットについてお話していきたいと思います!

<就職・転職に非常に有利!>

先ほどもお話したように建物や土地は企業経営の基盤となりやすく、宅建を取得しているだけで企業からの受けはかなりあがります

また宅地建物取引を行う企業では、宅建の資格保持者が5人に1人以上の割合でいなければならないという決まりがあります。

企業は宅建資格保持者に辞められては困るので必ず多めにとるようにしています。

このことからもわかるように宅建資格保持者は不動産業界では大きなアドバンテージを持つことができます。

また、金融業界でもこの資格はとても役に立ちます

銀行の大事な業務のひとつに貸し出し業務があります。例えば住宅ローンの貸し出し業務です。

このとき、いくら貸し出すかの基準のひとつにその土地にいくらくらいの価値があるかがあります。

このときに、この宅建の資格は大きな力を発揮できます。

また、独立、起業にも役立ち、さらにご自身で家を購入したり借りたりするときに正しい判断ができ、と同時に自己防衛もできます

宅建メリット

<一生涯使える永久ライセンス!>

宅建は一度合格すると一生有効です。

しかしひとつ注意しなければならないのが、宅建試験に合格したからと言ってすぐに宅建士として不動産業界で働くことができると言うわけではありません。

試験に合格した後は資格登録をしなければ宅建士を名乗ることはできません。

また、登録するには実務経験を2年以上つむあるいは、登録実務講習を修了することで登録することができます。

一見面倒くさいように見えますが、裏を返すと宅建の資格を持ってさえいれば、不動産業で働きたいと思った時、あるいは宅建士として不動産業界で働きたいと思ったらすぐに登録ができると言うことなのです。

宅建メリット

<比較的簡単に安定した収入を得られる!>

前述したように宅建の資格を持っているだけで様々な業界に入りやすくなります。

また、宅建士として独立開業し年収3000万稼いでいる方もいらっしゃいます。

宅建士の資格を持って不動産会社に入ると、多くの会社は資格手当てと言う手当てを行っており、これは宅建の資格を持っている方を対象に月額2~5万円支給するというものです。

単純計算で年額24万~60万が確約されていると言うことでこれはとてもありがたい手当てですね。

また、不動産はひとつの取引で扱う金額は非常に高額なものです。ひとつの契約を取れれば大きく給与が上がります

契約を取ることにおいて最も重要なのはお客様との信頼関係を気づくことです。

宅建の資格を持っていればお客様からの信頼も得やすく、比較的契約がとりやすい傾向にあります。

 

いかがでしたでしょうか。少しでも宅建士に興味をもたれたらぜひ資格スクエアで効率よく、かつ圧倒的低価格でこの資格を取得してみませんか?

資格スクエアでは人気芸能人のチャレンジ企画など楽しく資格の勉強ができます!

宅建カテゴリの最新記事