資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 司法試験講座
  3. 資格スクエア司法試験講座 合格体験記(F.H様)

資格スクエア司法試験講座 合格体験記(F.H様)

2018年度司法試験合格 F.H様

加藤喬講師

「総まくり」は、司法試験員会の「出題趣旨」や「採点実感」に極めて忠実に応えた内容であり、短時間の学習でも高い効果を上げることができました。

 

<F.H様ご情報>

40代/法科大学院経由/1000番台合格

<受講講座>

秒速・総まくり120(現:総まくり2019)

必要最低限の論証をマスターする

昨年の司法試験に不合格となり、2度目の司法試験挑戦にあたって加藤喬講師の「秒速・総まくり120」を全教科受講しました。昨年の不合格は基本知識の定着が足りなかったことが原因であり、それにもかかわらず家族との関係で勉強時間が非常に限られていたため、必要最低限の論証を効果的に学習できる教材を求めていたためです。
この点で「総まくり」は、司法試験員会の「出題趣旨」や「採点実感」に極めて忠実に応えた内容であり、短時間の学習でも高い効果を上げることができました。私は特に「総まくり」で加藤講師が「Aランク」に指定している重要論点について、繰り返し復習して容易にアウトプットできるまでに定着させました。司法試験においては、「出題趣旨」や「採点実感」として公開されている、司法試験委員会が受験生にこう答えてほしいと考える設問の趣旨に応えるということが、何より重要だと思います。そして「採点実感」で毎年全ての科目において繰り返されるのが、基本の重要性です。基本とは何かといえば、条文を中心とする、各科目の土台となるような制度の正確な理解だと思います。採点者から見て、右制度を理解しているのかが怪しいと判断されると、大幅に減点されるというのが、昨年司法試験に不合格となった私の実感です。加藤講師は全科目において司法試験委員会の採点基準を細やかに検討しておられるので、「総まくり」の論証を覚え込むと、司法試験で求められる基本事項のインプット、さらにはアウトプットが揺るぎないものとなります。また、ランク付けも信頼できるものでしたので、実際の学習でも濃淡をつけることができました。勉強時間に制限のある社会人受験生は、難しい演習書などに手を拡げて時間を費やさずに「総まくり」でランク純に着実に基礎固めを行うことが合格の近道ではないかと思います。

 

隙間時間も有効活用

また、忙しい受験生にとって、隙間時間を有効に活用することも重要です。私は移動時間や睡眠前に、直前にテキストで学習していた「総まくり」の箇所の講義音声を倍速で聞くようにしていました。そのことがテキストの効果的な復習となっていたと思います。

司法試験を追えて

試験前、私は過去問についてすらフルスケールで答案を書いたのは2年分の問題のみで、残りは答案構成のみとなりました。そのため、答案を書く段階での時間配分が自分の中で確立されず、本番途中で焦ったことが多々あったことが悔やまれます。
それでも私は上述のような勉強のおかげで、何とか平成30年司法試験に合格することができました。合格したときの気持ちは、嬉しいというよりホッとしたというものでした。家族や周囲に多大な迷惑をかけていたためです。司法試験を目指した直接のきっかけは、自分のキャリアアップのためでした。私はそんな自己都合で迷惑をかけることについてずっと心苦しく思っていました。ただ、司法試験の勉強の過程で、純粋未習で以前はまるで法律について知らなかった私は、例えば民法の不法行為など法律の世界を知るにつれて、法律を知らないということで生活上不利益を被ることが多々あるということに気づかされました。私が司法試験に合格し、将来的に弁護士になることで、迷惑をかけてきた家族などを救うこともあるかもしれない、また、家族のみならずその多くが法律を知らない一般の人を助けることがあるかもしれない、いや、そうするべきだと思うことが、勉強に向けた大きなモチベーションにもなりました。

 

司法試験を受験される皆様へ

来年の司法試験に向けて、社会人受験生に限らず、皆さん様々な制約の中で頑張られることと思います。司法試験は、上位合格を目指すならいざ知らず、合格ラインのとりあえずの突破を目指すのであれば、他の受験生が書けないような細かい知識や難しい論点を書かなければ通らない試験ではありません。他の受験生のことは気にせず、基本を淡々と着実に身に着けていけば合格します。その点で、ひたすら自分との闘いになると思います。是非頑張って乗り越えていかれるよう、心よりエールを送ります。