資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 司法書士講座
  3. 他の難関資格との比較

他の難関資格との比較

「第4の法曹」司法書士

合格率3%前後の司法書士は日本屈指の難関資格ですが、裁判官・検察官・弁護士と並んで「第4の法曹」とも言われ、実務法律家としても認知されています。そのため社会的ステータスが高く、個人の裁量次第では高収入も望めます。

弁護士との違い

弁護士と比較されることの多い司法書士。
弁護士は実際に起こった事件やトラブルに対して、適切な対処方法・解決策をアドバイスすることが多いのに対して、登記や相続の手続を円滑に進め、権利者である依頼人の損失を予め防ぐ"予防策的"な業務を行うのが司法書士です。
「簡裁訴訟代理等能力認定考査」で認定を受けた司法書士のみ、弁護士と同じように裁判所で弁論したり和解交渉を行ったりすることができますが、訴訟・紛争で目的とされる金額が140万円以下の簡易裁判に限られます。

 

司法試験と司法書士の学習時間

合格のために必要な時間は、一般的に司法書士3,000時間、司法試験6,000時間以上と言われています。
弁護士資格を持っていれば、法律行為を代理したりさまざま法律相談に応じたりすることができますので、より広い活躍の場を求める方は司法試験を目指すのもおすすめです。法学部を卒業していなくても、予備試験を受験し合格することで司法試験の受験資格を得ることができます。

 

予備試験とは?

予備試験とは、「法科大学院修了程度の知識・能力があるかを判定する試験」であり、予備試験に合格すると司法試験の受験資格を得ることができます。予備試験には年齢や卒業学部などの受験制限がないので、どなたでも受験可能です。 また、法科大学院に通う必要がないため、時間的・経済的な負担をせずに司法試験を目指すことができます。

 

資格スクエアの司法試験 予備試験講座>>

 

-----こちらもご参考ください-----
<「司法書士とは」その他のコンテンツ>
・司法書士の仕事
・資格取得のメリット
・他の難関資格との比較
・試験概要(試験日・出題科目など)
・試験の傾向と対策