資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 司法試験講座
  3. 資格スクエア司法試験講座 合格体験記(A・S様)

資格スクエア司法試験講座 合格体験記(A・S様)

2018年度司法試験合格 A・S様

加藤喬講師

趣旨をピンク、規範をブルーなどと明確に色分けをしてくれるので視覚的にもどこをどう覚えたらよいかわかりやすくて良かったです。

 

<M・M様ご情報>

20代/法科大学院経由/1000番台合格/2回目合格

<受講講座>

秒速・総まくり120(現:総まくり2019)過去問パーフェクト(現:過去問コンプリート2019) 

資格スクエアでの司法試験講座を受けて

私は加藤先生の総まくり120と過去問完全攻略講義を取っていました。
この講座の良かった点は、前者については7科目全てについて体系的に司法試験での知識の問われ方を意識した上で実際に答案にどう書くかまで教えて頂きながら知識をインプットすることが出来たことです。
今まで問題演習中心で知識に穴がある人や、自分では判例百選などの理由付けや規範をどこまで覚えて良いかわからない人にとってオススメです。先生が司法試験の傾向を踏まえてどこまで覚えたらよいか指導してくれるので覚える事が明確になり知識の穴がなくなるからです。
後者については、司法試験全科目について論点の問われかたや問題文の読み方、時間内に答案を書き切る方法などを教わることが出来たことです。
今までに過去問を解いたことがあるのに同じ論点が書けない人にオススメです。過去問を自分で出題趣旨などを読んで吸収するのには限界があり、また膨大な時間がかかります。この講座では効率的にどこまで過去問から吸収すれば良いか教えてくれるので自分では分からなかった司法試験へのアプローチの仕方を身に付けることができます。

 

 

テキストについて

総まくり120については、テキストは量が多すぎず適切な量で直前期に全体を回しきれる一元化ノートとして有用でした。また、趣旨をピンク、規範をブルーなどと明確に色分けをしてくれるので視覚的にもどこをどう覚えたらよいかわかりやすくて良かったです。
今まで自分ひとりで市販の予備校テキストや基本書などで闇雲に規範などを覚えていた人にとって、このテキストを使うことで体系に沿ってランクなどによりメリハリをつけながら効率的に出題可能性の高い論点から覚えていくことができるのでオススメです。
過去問攻略講座については、テキストに出題趣旨と採点実感が司法試験合格に必要な範囲で反映された形で解説がなされているので効率的に学習出来る点が良かったです。また、テキストに8ページの模範答案と5ページ程度の現実的な中位答案がついていることで、実際に時間内にどのくらいのレベルの答案を書けば合格できるか知ることが出来たことも良かったです。
今まで自分で出題趣旨などを読んでどこをどこまで定着させたらよいかわからない人にオススメです。

 

司法試験を目指したきっかけ

小さい頃からなんとなく弁護士に憧れを持っていてずっと弁護士になりたいと考えていました。
今年まさに司法試験に合格した時は、私は法務省に見に行きましたが、自分の番号を見つけた瞬間にホッとした気持ちでいっぱいでした。

 

資格スクエアを選んだ理由

加藤先生のブログを読んでいて先生の司法試験に対する考え方に共感できた為、7科目について加藤先生のテキストで司法試験に挑みたいと思い、資格スクエアの加藤先生の講座を選びました。
実際に資格スクエアの講座を取ってみると加藤先生の講義はわかりやすく、またテキストも充実しており非常に満足でした。資格スクエアの講義はネットで全て受講できるため移動時間にも講義を聞くことができる点が便利でよかったです。

 

浪人生だからこその強み

わたしはすでにロースクールを卒業していたので授業との両立を考える必要はなく、資格スクエアの講義やテキストの復習に全ての時間を費やすことが出来ました。現役生と違って勉強時間の全てを自分のやりたい勉強に自由に当てることができる点は浪人生の強みだと思います。

有効だった勉強法

皆が知っているような当然の基礎知識を改めて何度も繰り返しインプットする時間を取ったことです。総まくりのテキスト電車の中や模試の前、寝る前、試験直前など様々なタイミングで常にインプットすることで基礎知識を定着させることができました。

司法試験までにやっておけばよかったこと

短答の勉強が現役の時より少しおろそかになってしまっていた為、短答の勉強にももう少し多く時間を割けるとよかったです。

受験生に向けて

現役生はロースクールの授業もあり時間的に大変だとは思いますが、何が自分にとって必要な勉強か、どこを補えば自分が合格圏内に入れるかを常に考えて勉強して頂けたらよいかと思います。そのためにまず今年の司法試験の問題を解き、自分と合格ラインとの具体的な距離を知ることが大事です。それに自分に必要なことが明確になり、ロースクールの授業も司法試験との関係で効率的に受講できると思います。大変だとは思いますが頑張って合格を勝ち取ってください。