講座詳細

学習段階に応じた適切な講義で、最短合格へ

逆算思考の司法予備合格術を構成する講座や講義の詳細です。学習段階に応じた適切な講義で、着実に実力をつけ予備試験合格へあなたを誘います。合格からの逆案で編み出された最短ルートで予備試験合格を目指しましょう。

予備試験講座 学習スケジュール

基礎講座とは短答式
試験
論文式
試験
口述
試験

基礎講座では、司法試験、予備試験、上位法科大学院入試の合格に必要な知識を習得していきます、予備試験・司法試験の対策において、知識があれば良いというものではありませんので、それを使い問題を解くための法的思考能力の基礎を同時に身につけます。 知識のインプットとしては 、基礎講義で合格に必要な知識の全体の約8割を習得します。残りの2割は短答対策用の細かい知識や、論文問題を解きながら応用的な問題にふれることで習得していきます。

逆算思考の司法予備合格術講座概要

講義時間

入門講義

基礎講義ⅠⅡ

導入問演習・添削

担当講師

高野泰衡講師 他

教材

体系目次 /入門テキスト/ 基本書 / 講義ノート / 短答問題集アプリ/ 論文問題集(導入問・基礎問編)/ 判例六法

配信スケジュール

配信スケジュールはこちらをクリック

視聴期限

2023年7月31日まで

友だち追加

基礎講座人気には
ワケがある

・図解が豊富で、説明がわかりやすい
・基礎講義ⅠⅡとの分離により、応用的な事項が後にくるから、初学者に優しい
・講義のスライドが動画内にあり、動画をみるだけでも理解が進む
・講義スライドと紙のテキストが一致していて学習しやすい
・オンラインレジュメで自分の学習メモを残せるから、復習がしやすい

受講のポイント

法律は、全体像がわかると細部が理解できるようになるという特性があります。そのためには、まず、全体像を理解してしまうことが大切ですので、基礎講義はなるべく早く視聴することを意識しましょう。もちろん、これは雑に聴き進めて良いというわけではありません。 講義を受講していると、どうしても把握しにくい範囲がでてきます。先の勉強をするところで理解が進む範囲もありますので、多少わからない範囲があってもこだわりすぎずに先にすすみ、なるべく早く演習にはいりましょう。
※導入問演習・添削:添削対象の導入問基全14問につき答案を提出し、合格者から添削を受けるというサポートシステムです。逆算プラン・逆算プレミアムプランの方が対象です

オンライン学習で予備試験突破するなら資格スクエアの逆算思考合格術

基礎問演習講座とは 論文式
試験

基礎問演習講座は、簡単な事例問題を用いて、基礎知識を定着させるとともに、答案を書く力を養成し、論文答案が書ける土台を身につける講座です。 これまで基礎講座で習得してきた知識の、どの部分をどのような形でアウトプットすれば点数に結び付けることができるのか、単体の論点にしぼった形の問題に数多く取り組み、アウトプットを練習していきます。答案の型を身に着け、最大の山場である過去問対策への肩慣らしをしていきましょう。

逆算思考の司法予備合格術講座概要

講義時間

基礎問講義

基礎問添削
約91問を添削

担当講師

予備試験講座専任講師 他

教材

論文問題集:導入問・基礎問編 /判例六法/ 論証集 / 判例集 / 基本書

配信スケジュール

配信スケジュールはこちらをクリック

視聴期限

2023年7月31日まで

友だち追加

基礎問講座人気には
ワケがある

「基礎問」は予備試験・司法試験・旧司法試験における出題統計から、重要と考えられる論点につき、単一論点ごとに学習できるようにした事例問題です。論文過去問との関係では、過去問の答案のパーツ部分を切り抜いて、簡易な問題としてできるようにしたものというイメージです。約350題程あるたくさんの基礎問を用いて、重要論点について論文の書き方の基礎をマスターしていきましょう。 必要な論点知識を広くカバーしていますので、本番の試験で「書ける」力を養うことができます。

受講のポイント

基礎問は、試験直前期までには、何度も演習を繰り返し、基礎問で扱われる論証を何も見ない状態で、試験本番に出力できる状態にすることが、到達目標となります。もっとも、基礎問期の段階で、そのレベルまで理解を高めることは困難ですし、論文過去問を一通り学習することによって、基礎問をより一層深く理解できるという関係でもあります。一通り、講義を聞き終えたら、基礎問演習・基礎問添削※にうつりましょう。なお、実務基礎科目、選択科目については、基礎問期はありませんので、導入期が終わり次第、論文過去問期に入ります。
※論文基礎問添削:添削対象の基礎問全91問につき答案を提出し、合格者から添削を受けるというサポートシステムです。逆算プラン・逆算プレミアムプランの方が対象です。

 

オンライン学習で予備試験突破するなら資格スクエアの逆算思考合格術

論文過去問演習講座とは 論文式
試験

予備試験の天王山・論文式試験を徹底攻略予備試験の過去問を用い合格答案を「書ける」ようになるための講座です。基礎問が、答案を構成する論点に関する「論証」と「あてはめ」を学ぶものであったのに対し、論文過去問では、それらの複数の論点を、法律上の原則・例外論、要件・効果論をベースに適切な論理的構造の中に位置づけ、答案の内容を構成することを学習していきます。まさに、答案を構成する能力を養う学習過程といえます。予備試験全問題について、問題分析・条文抽出・答案構成の3つのパートから解説を行います。

論文過去問演習講座

逆算思考の司法予備合格術講座概要

講義時間

論文過去問講義

論文過去問添削
計100回

担当講師

高野泰衡講師

予備試験講座専任講師

科目

全7科目70問

全10科目・5年度分について各2回添削指導(基本7科目/実務基礎科目/選択科目)

教材

論文問題集:過去問編 /判例六法/ 論証集 / 判例集

配信スケジュール

配信スケジュールはこちらをクリック

視聴期限

2023年7月31日まで

友だち追加

論文過去問講義の
人気にはワケがある

従来の予備校は「授業を聞いていれば書ける」「そのうち書けるようになる」として、論文の対策として、決め細かく受験生に寄り添うものを提供できておらず、答案の書き方のコツをつかむ能力が高い人が合格答案を書ける、いわば個人のセンスに依存してしまう傾向にありました。資格スクエアでは、それに真っ向から立ち向かい「初学者でも論文が書けるようになる」ことを目標に、論文の合格答案を書くのに必要な能力を分析し、必要な思考プロセスを可視化、どのような能力があれば論文が書けるようになるかを研究しました。その結果、論文を書くにためには「問題分析能力・条文適用能力・答案作成能力」の3つが必要であることがわかりました。

受講のポイント

資格スクエアの参考答案は、論理の飛躍を減らし、受講生の理解を促進するために、50点中40点を獲得できる程度の答案を作成しています。しかし、試験本番では、およそ25点とれば、合格答案と言われています。 自分なりの完成された答案を作成する際には、制限時間内に25点はとれると考えられる答案を目指して、作成する訓練をしましょう。
※論文過去問添削:全10科目・5年度分について2回添削指導を提出し、合格者から添削を受けるというサポートシステムです。逆算プラン・逆算プレミアムプランの方が対象です。

 

 

オンライン学習で予備試験突破するなら資格スクエアの逆算思考合格術

短答対策講義とは短答式
試験

短答プロパー知識を徹底マスター

「考える力」を鍛える最先端の基礎講義。短答対策で狙われやすい知識を短時間で効率よくマスターしましょう。基礎講義と同じ講師が担当するので、一貫した講義を実現します。

 

講義内容 全7科目
講義時間 約50時間を予定
教材 講義ノート
講師 高野泰衡講師

資格スクエアの
短答式試験対策

資格スクエアアプリ

苦手な問題を優先的に出題する短答式問題演習機能

各講義を聞き終えたら、オンライン上、またはアプリ上で短答式問題の演習を行って頂きます。
人工知能を用いたこの機能は、自分の間違えた問題を優先的に出題してくれるため、効率的に短答式試験の成績を上げることができます。また、短答対策講座では、短答だけで問われる部分を解説していきます。
資格スクエアの最先端の学習システムを是非体感してみてください。
短答式アプリの無料ダウンロードはこちら>

オンライン学習で予備試験突破するなら資格スクエアの逆算思考合格術

法律実務基礎講座論文式
試験

実務基礎科目は、おおきく2つの分類、民事実務と刑事実務に関する問題にわかれます。 民事実務基礎では、主に要件事実論、民事保全・民事執行、民事裁判手続が問われ、刑事実務基礎では、主に刑事裁判手続、事実認定が問われます。(このほか、法曹倫理についても問われることがあります。) 試験範囲は広範であり、効率のよい勉強が不可欠です。予備試験の過去問についても演習していきますので、短期間で実務基礎科目をしたい受験生の方にとって最適の講座となっています。

   
内容 民事実務基礎
刑事実務基礎
教材 オリジナルレジュメ
講師 資格スクエア専任講師

選択科目対策講座論文式
試験

2022年の試験から論文試験に新たな科目「選択科目」が導入されます。こちらの講座は選択科目が決まり次第詳細をご案内します。

   
内容 選択科目が決まり次第
ご案内します
教材 オリジナルレジュメ
講師 資格スクエア専任講師

未来問模試(短答)短答式
試験

AIにより出題カテゴリを予測した、全 く新しい「模試」。AIに過去問の出題傾向を学習させることで予想問題を作成しています。 資格スクエアで開発している司法試験予備試験の未来問では、過去に出題された本試験の問題、資格スクエアの予備試験講座テキスト、資格スクエア論証集のデータ等を教師データとし、文章分類エンジンによってカテゴリーに分類(カテゴリー数は試験によって変動します)。その後、毎年度の出題傾向を学習した出題傾向予測エンジンを用いて出題問題を予測します。

   
内容 当該年度の試験問題
AIによる予測問題
科目数 全7科目 (一般教養はありません)
提供方法 オンラインを予定

資格スクエアの
未来問模試(短答)

資格スクエアアプリ

自宅で本番さながらの模試を受験できる

模試の当日は、WEB会議システムを使い試験官もいるため、本番さながらの模擬試験を自宅で受験することができます。

資格スクエアの
合格時特典

口述対策講座 民事実務基礎/刑事実務基礎
オリジナルレジュ メ
口述模試 場所:オンライン
時間数:民事実務/刑事実務 各15分〜30分を予定
司法試験講座 講座内容:法律基本7科目

口述対策講座

口述式試験で聞かれる知識を まとめて総ざらいします。口述式試験で特に聞かれる 民事執行・保全の知識を中心に、必要な知識を高速でインプットすることができます。

口述模試

確実に合格するためには「本番を意識した練習」と「残りの期間での適切な微修正」が不可欠です。資格スクエアの口述模試は、本番を意識した問題と、丁寧なフォローで予備試験最終合格を確実なものとします。的確なフィードバックと、細かな受験生データに定評があります。

司法試験対策講座

試験までの短期間で司法試験合格に必要な知識・テクニックをマスターする講座です。予備試験合格から司法試験までの短期間だからこそ確実な対策を実践しましょう。

オンライン学習で予備試験突破するなら資格スクエアの逆算思考合格術