合格者の声

 

 

予備試験講座資料請求はこちら 

 

過去に、旧司法試験の受験を経験されたY様。
一度、社会に出たけれど、もう一度夢を叶えたいという強い気持ちをもって予備試験に挑戦されたストーリーを是非ご覧くださいませ。
(聞き手:資格スクエア予備試験講座担当者)

 

予備試験受験を終えて

 

ー予備試験お疲れさまでした!今の気持ちをお聞かせください

正直ほっとしています。次のステージである司法試験に進めて良かったという気持ちです。ただ 、司法試験まで6か月しかないので、少し焦りもありますね。気を引き締めて司法試験の勉強を進めていきたいと思います。

 

過去と現在/法曹を目指したきっかけ

ー予備試験受験のきっかけを教えてください。

 

私は、過去に旧司法試験を受験したことがあるのですが、合格することができず、そのあとは普通に就職して社会人として働いていました。
その後、家庭の事情で仕事を辞めることになったときに、改めて自分の今後を見つめ直し、もう一度法曹を目指したいと強く思ったのです。それで、予備試験受験を決意しました。

 

ー以前から法曹になるという夢をお持ちだったんですね!では、法曹になりたいと思ったきっかけを 教えてください。

 

物心ついたころから、漠然と社会的に弱い立場に立たされた人の役に立ちたいという思いがあり、それを叶えることができる仕事として弁護士に憧れました。

 

予備試験講座資料請求はこちら 

 

資格スクエアでの勉強について

ー夢を叶える第一段階。その予備試験の勉強を始められたのはいつ頃ですか?

2018年の春頃です。以前に法律を勉強していたとはいえ、10年以上も前の話なので、 やはり結構忘れてしまっていましたね。(笑)

 

ーやはり時間が経つと忘れてしまうのですね・・・。法律の知識を取り戻すために1日どれぐらい勉強をしていましたか?

 

仕事は軽いアルバイト程度でしたが、家庭の事情もあって、勉強時間の確保にはそれなりに苦労しました。まとまった勉強時間を確保できたときは集中して机に向かっていましたね。
あとは隙間時間を見つけて勉強をしたり。1 日平均5時間くらいの勉強時間だったと思います。試験の直前期は隙間時間を活用して7時間ぐらい勉強しました。

 

ーY様の夢を叶えるための大事な学習ツールとして「資格スクエア」をお選び頂いた理由を教えていただけますか?

知人から話を聞いて資格スクエアの存在を知り、実際に講座説明会に足を運びました。基礎講座の時間数が少ないため、インプットを早く終わらせて、
アウトプットに多くの時間を充てられるという点に魅力を感じて、受講を決めました。また、WEBで勉強を進められるという点も自分の環境にマッチしていました

 

ー合格までの学習スケジュールを教えてください。

 

2018年春に憲法の基礎講座から聴き始め、それが終わったら憲法の論文講座と同時に民法の基礎講座を聴き、それが終わったら民法の論文講座と同時に刑法の基礎講座・・・というように、
複数の科目を並行して進めていましたね。なので、最後の科目である行政法の基礎講座を聴き終えたのは2018年の11月ぐらいになっていたと思います。インプットと論文のアウトプットを並行して勉強できたのは、講座がコンパクトだったからだと思います。
11 月以降は論文対策を中心にしながら徐々に短答対策を進め、3月中旬から短答試験までは短答の勉強に集中、短答試験後は、予備試験の論文過去問を書き進めていましたね。

 

資格スクエアの講義について

ー実際に受講された合格パック+(現:逆算プランに相当)の感想を教えてください。

基礎攻略講座(現:基礎講座ⅠⅡ)は講座説明会の時に聞いた通り、理解すべきポイントがコンパクトにまとまっていたと思います。吉野先生の講義は、具体例をたくさん挙げていただいたので、とてもわかりやすかったです。
私は 別途ノート等は作成せず、講義中に話された具体例などは、テキストの余白にメモをして、テキストさえ見れば講義が思い出せるようにしていました。
講義は、30分という区切りのいい時間で作られていたので、集中しやすかったなと思います。講義が長いとどうしても集中が切れてしまいますし。

 

ー論文のWEB答練はいかがでしたか?

直接指導されている感覚があって、すごくよかったです。まずは全体の出来具合を伝えてくれた後に、細かい部分を指摘してくださいました。
答案を上から順に読んでいって、各記載について何らかのコメントがいただけるので、とてもきめ細やかな添削だと思いました。
また、添削内容のニュアンスが伝わる点が、WEB答練ならではの良さだと思います。これは 皆さんにもぜひ活用してほしいですね!

 

ーY様は資格スクエアの個別指導も活用頂いていたと思いますが、感想を教えてください。

 

高野先生の個別指導、最高でした!(笑)主に論文の指導を受けていたのですが、私の答案を否定するのではなく、それをベースにして、合格答案に近づけていってくださるような添削指導でした。
過去問について、表面的なところのみならず、問題文の裏にある問題意識まで示唆していただき、思考力が鍛えられたように思います。また、私にとって、個別指導は、法的な会話をする機会としても有益だったと思います。
ロースクールに通っている人たちと違って、一人で勉強していると、法律を使って会話をするという機会を持ちづらいので。自分が考えたことを口に出してみることで、上辺だけではない、本質的な理解につながったように思います。

 

予備試験講座資料請求はこちら 

 

最後に

ー資格スクエアを受講してみていかがでしたでしょうか。

最初に思っていたとおり、インプットがコンパクトにまとまっていた分、
アウトプットに時間を回すことができて、良かったと思います。WEB答練も個別指導も満足のいくものでした。

 

ーこれからの受験生の皆様にメッセージをお願いします。

 

合格率4%の試験に本当に自分が受かるだろうかという不安は常にありました。ですが、自分なりに合格のために必要なことが何かを考え、それを身に付けるため に小さな努力を積み重ねているうちに、少しずつ力が付いていったのだと思います。
試験で何が問わ れているのかを見定め、自分との距離を縮めるためにはどうすればよいのかを考えながら勉強するこ とで、道は開けてくると思います。私もまだこれから司法試験を受ける身ですので、一緒に頑張れたらと思います。

 

オンライン学習で予備試験突破するなら資格スクエアの逆算思考合格術

受講するか悩んでいる方は
こちらからお気軽にご相談ください