行政書士試験に独学・半年で合格するには?問題演習中心で合格を取りに行こう!

行政書士試験に独学・半年で合格するには?問題演習中心で合格を取りに行こう!

行政書士になるには、600~1,000時間が勉強する必要があるといわれます。「そんなに時間を費やさなければ、合格できないのか!」と途方に暮れる人もいるでしょう。しかし一方では、「半年あれば合格できる」と豪語する人もいます。しかも、その上「独学」で大丈夫だというのです。

独学で半年あれば合格できる人は、どんな方法で勉強しているのでしょうか。この記事では、独学かつ半年で行政書士試験に合格した人達の体験談をリサーチし、コツをまとめて、お届けします!

1 独学がおすすめの人とは?

合格者の中には、敢えて独学を選ぶ人がいます。行政書士試験のための勉強方法には、「通学」「通信」「独学」の3つがあると思われます。その中から敢えて独学を選ぶ場合、どのような理由があるのでしょうか。

⑴ お金がかかる

そもそも通学や通信で勉強するとお金がかかります。通学で20〜30万円くらい、通信講座でだいたい7万円くらいかかります。

しかし、独学ならば市販のテキストや問題集の購入だけで済みます。やる気があって緻密な計画があれば、十分合格できるというのです。

⑵ 勉強したつもりになってしまう

合格者が良く口にする合格の秘訣に、「インプット以上にアウトプットを大事にした」というものがあります。確かに、問題演習などアウトプットの時間を十分に持たないと、知識が定着しているかどうか確認することができません。

インプットの割合が大きくなりがちな通学と通信では、講義を受けただけで理解できたと錯覚してしまい、本当に必要な理解度の確認をおろそかにしがちなのです。

⑶ 課題をこなすことが目標になってしまう

通学や通信で学んでいると、課題が課されることがあります。この課題をやることで法律に対する理解を深めたり、不明点が明確になれば良いのですが、課題を提出するだけで満足して終わってしまうことがあります。特に、働きながら受験勉強をしている場合、課題の本来の目的は「理解度をチェックする」ことであるにも関わらず、とりあえず課題を提出することに目的がすり替わってしまうことがあるのです。

もっといえば、「600時間勉強すれば合格できる」ことを信じて勉強しても、理解度をチェックしないでやみくもに時間を費やしても意味がないのです。勉強時間を費やすことだけを目標にしてしまい、「600時間勉強したのから合格できるはず!」と、変な自信がついてしまうからです。

受験勉強は、あくまでも「問題演習でどのぐらい正解率があるかにフォーカスして進めていきましょう。

2 行政書士資格に独学・半年で取得できるマインドとは?

それでは、独学・半年で行政書士試験に合格するためには、どのような「マインド」が必要なのでしょうか。独学・半年で合格を果たした人の声から抽出してみましょう。

⑴ 目的をハッキリさせる

何でもそうですが、目的が明確だと結果が伴いやすいものです。行政書士試験は出題範囲だけでなく、業務範囲も幅広いです。独学・半年で合格するには、漠然と受験勉強をするのではなく、まずは次のことを自分に問いかけてみましょう。

「合格したらどの分野を専門にしたいのか」
「何のために行政書士資格を取るのか」

もしあなたが資格取得だけが目的の資格マニアなら、何かの役に立つだろうといった曖昧な動機だけでも頑張れるでしょう。

「スタートアップの許認可申請を手伝いたい」
「外国人労働者の在留資格取得を助けたい」

このような行政書士試験合格後のビジョンがあると、困難を乗り越えやすいのです。

⑵ 科目に関する戦略を立てて勉強する

行政書士試験で配点が高いのは、民法と行政法です。この二科目は、多くの時間を割いて臨むべき科目です。

① 一般知識で足切りに合わないように

また、一般知識も注意すべき科目です。「合格基準点(足切り)」に合わないようにしなければなりません。法令科目に勉強が偏重したために一般知識で足切りに合ってしまい、たった1、2点で不合格になってしまう例がたくさんあります。

ちなみに令和元年度行政書士試験の合格基準点は、以下の通りでした。

行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点 122点以上
行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点 24点以上
試験全体の得点 180点以上

一般知識の出題数や合格基準点(足切り基準点)を、チェックしてみましょう。

出題数 14問
配点 56点 試験総得点300点
足切り基準 28点 6問/14問

一般知識では上表の通り、28点を得点できないと、足切りに合って不合格となります。つまり、法令科目の方で高得点をマークしても、一般知識で5問以下しか正解できなかった場合は、不合格となってしまうのです。

② 配点の低い科目もチェック!

一方で、効率的に勉強するためには、配点が低い科目もマークしておく必要があります。憲法、商法、基礎法学がそれに当たりますが、この中でも「商法」は、覚えるべき項目が多いのにも関わらず配点が少ない科目です。こういった科目は、必ずしもコンプリートを目指して勉強しなくても大丈夫だといえます。

半年という短期間で合格に近付くには、「多くの時間を割いて勉強すべき科目」と「一通りやっておく科目」の見極めをして、戦略的に勉強しましょう。

3 テキストや問題演習はどうやって選ぶ?

独学ではテキスト・問題集の選び方も大事です。

⑴ テキストは何冊も買わなくて良い

テキストはどんなものを、何冊買えば良いのでしょうか。実は、テキスト1冊あれば十分です。そのテキストを1回じっくり精読したら、次からは問題演習に移りましょう。問題を解きながら何度もテキストにかえり、「アウトプット+インプット」していくイメージです。テキストの購入ですが、何冊も買うよりも、1冊を完璧に読みつくすというイメージで取り組みましょう。テキストはあなたが良いと思ったものを買えばOKです。

一周 = テキスト精読(1回) + 問題演習(2回) + 過去問演習(2回)

行政書士試験のための勉強を一周するにあたり、こんなイメージを持ってください。テキストを一度精読したら、すぐに問題演習に移り、解きながらテキストで確認していく作業をします。

⑵ 問題演習中心の学習スタイルでいこう

問題演習は、いろんな出版社のものをたくさん買うと良いでしょう。そうすれば様々な角度の考え方が身に付きますし、応用力もアップします。たくさん問題演習をした人の方が、本番試験でも問題が解きやすくなります。暗記するためには、とにかくテキストを精読しないといけないと考える人が多いです。しかし、記憶の定着には、テキストでインプットオンリーでおこなうよりも、問題演習でどんどんアウトプットしていく方が効果的です。これを「テスト効果」と呼びます。

また、過去問は何年分やればいいのだろう、という疑問も湧いてくるでしょう。最低5年分、できたら10年分はやりましょう。時々テキストに立ち返りながら演習をしていくなかで、確実に知識が定着していきます。

⑶ おすすめの教材紹介

独学を半年して合格した人達がおすすめする、テキストや問題集を集めてみました。最初の3冊は、初学者が読むと良い導入本です。法律への理解を助けてくれる本ですので、是非一度読んみましょう。六法も準備しましょう。

つかむ・つかえる行政法〔第2版〕

(法律文化社)

行政法の手引き本。

法律とは堅苦しいものですが、分かりやすく説明してくれるのでおすすめです。

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業

(光文社新書)

民法の基礎中の基礎が学べ、民法の身近さを教えられます。「民法が好きになる本」との声も。民法が肝である行政書士試験の受験者は読んでおくべき。
国家試験受験のためのよくわかる民法

(自由国民社)

分かりやすい一冊。教養のために読めるといえるほど入りやすい。
みんなが欲しかった! 行政書士の教科書

(TAC出版)

5分冊。初学者におすすめのテキスト。
出る順行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集(東京リーガルマインド) 記述式の解き方が完璧に解かれている、とのレビューも。なるべく早めに取り組むのをおすすめ。
受かる!行政書士直前模試

(伊藤塾)

模試演習の定番。詳しい解説が伊藤塾ならでは。
行政書士受験六法

(東京法令出版)

多くの行政書士試験受験生に支持される一冊。

4 資格スクエア「未来問」のご紹介

最後に、「AI(人工知能)」による行政書士試験出題予測問題「未来問」(2020年向け)を紹介します。

⑴ 未来問とは?

資格スクエアが開発した「未来問」は、AIが資格試験の問題を予測した日本初の予想問題です。第一弾では、2018年10月に実施された宅建試験の問題を予想し、2,500を超える方が未来問を使って本試験を受験しました。第二弾では、2019年5月に実施された司法試験予備試験・短答式試験の問題を予想し、同じく2,500を超える人が未来問を使って本試験を受験しました。

その結果はめざましく、宅建試験はカテゴリー的中率78%、予備試験は同60%とそれぞれ合格ラインをクリアしたのです。このことは当時大きな反響を呼び、メディアにも取り上げられました。

それら宅建、司法試験予備試験「未来問」に続き、行政書士試験版「未来問」も作成されました。こちらは皆様に無料で提供されています。

【無料内容の詳細】

・選択式問題、記述式問題は含まれておりません。
・2020年度版問題・解答は含まれるが解説はない点にご留意ください。
(合格パック・直前対策パックを購入の方には解説動画が付いています)
・約10年分の過去問をAIに学習させ、文章分類エンジンでカテゴリーに分類。さらに毎年度の出題傾向を学習させ、今年度の出題問題(5肢択一式51題)を予測し模試を作成。51題に選ばれたカテゴリーが本試験で出題された問題のカテゴリーと一致した率を「カテゴリー的中率」と呼んでいます。
・「未来問」の的中率は想定より低くなる可能性もあり、予測精度の保証はできかねますことをご了承ください。

お申し込みはこちらからどうぞ。

⑵ 第2回目・第3回目「未来問」も購入可能

もっと未来問で勉強したいという声にお応えし、2回目3回目の問題・解答にさらに解説講義を加えたセットを購入頂けるようになりました。是非、試験前の確認にご活用下さい。

講座名 行政書士2020『未来問』(2,3回目)セット
講座内容 未来問 問題、解答・解説、解説講義
※紙(本)でのご用意はございません。
視聴期限 2020年11月30日
解説講義 /担当講師 大内容子(憲法・民法・行政法・商法)/原田崇企(一般知識)
価格 6,000円(税込)

お申し込みはこちら からどうぞ。

5 サマリー

行政書士試験に独学で、しかも半年で合格するコツをまとめて参りました。自分で勉強して短期戦を勝利するコツは、問題演習を中心に「能動的な」学習をすることだといえます。

6 まとめ

・独学を選ぶ理由には、通学・通信による学習方法だとお金がかかる、勉強したつもりになってしまう、課題をこなすことが目標になってしまう等がある。

・半年で行政書士試験に合格するコツは、目的を明確にして戦略的に勉強することである。

・特に一般知識で足切りに合わないように、配慮した学習計画を立てる。

・学習一周 = テキスト精読(1回) + 問題演習(2回) + 過去問演習(2回)と考える。

・テキストは1冊だけ、問題集は多く購入し、なるべく早くアウトプットに移行する。

行政書士カテゴリの最新記事