行政書士試験は独学で合格できる?

行政書士試験は独学で合格できる?

数ある国家資格のなかでも、高い人気を誇る行政書士。

毎年新たなキャリア形成やスキルアップを目指す多くの受験生が挑戦をしています。

行政書士になるには、行政書士試験を受けることが一般的です。

合格率は例年10-12%程と決して低くはありません。

さまざまな勉強スタイルがある中、行政書士試験に独学で合格することは可能なのでしょうか。

この記事では、独学で行政書士試験に合格できる可能性やポイントを探っていきます。

1 独学とは

辞書によれば、独学とは、以下のように示されています。

「独学」

学校に通わず先生にもつかず独力で学ぶこと。

引用:goo辞典

 

つまり、自分で環境を整え目標に向かって学習を進めることを独学といって差し支えないでしょう。独学のメリットは、予備校や学校に通う必要がないので費用を抑えられ、時間の使い方も自分で決められることです。講義の時間帯や受講場所が固定されていると、どうしても拘束されてしまいますので、忙しい社会人受験生にとっては悩みの種となることも少なくありません。

一方で、これまで何かの資格に独学でチャレンジし合格した経験がある方であれば、自分の強みと弱みを理解できており、独学で合格するコツを心得ているので、自由度が高い独学に向いているともいえるでしょう。

2 独学のポイントと「毒学」の落とし穴

まず、独学で資格試験に挑むためには、以下の項目について自分で管理・遂行する必要があります。

〈独学で行うべきこと〉

■テキストの選定

■学習カリキュラムを決める

■学習スケジュールを決める

■テキストの読み込み(インプット)と演習(アウトプット)

■進捗管理と軌道修正

一見すると難なくこなすことができそうですが、これらを自力で的確に的確に行うことはとても難しいのが現実です。例えば、テキスト一つ選ぶのにも一苦労という経験談はよく聞かれるところです。じっくりと選んで購入したはずのテキストなのに「この解説の意味がわからないから違うテキストを買おう。」「ネットではこっちのテキストの方が評判が良いから買ってみよう。」などとアレコレ気になってしまい、気がつけばインプットのための教材選びが目的になってしまい、過大な時間を費やしてしまうというケースです。

 

これは、アウトプット教材についても同じようなことがいえます。解説の分かり易さなどは、やはり相性のようなものがあるので、自分が理解しやすいものを選ぶことをおすすめしますが、徒らに数を増やすことはあまりおすすめできません。理由は、簡単です。教材は、出来るだけ一元化した方が後々使い勝手が良いからです。

 

このように、教材選定一つをとってみてもアレコレとたくさん迷いながら進めていかなくてはならず時間がかかります。特に法律学習未経験者にとっては、馴染みのない条文や法律用語を自分自身の力で調べ、理解し定着させていかなければなりません。

 

また、学習カリキュラムや勉強方法についても自分で探る必要があります。

どのように学習を進め、どのような方法で知識を定着すべきか自らリサーチをしながら効率の良い学習方法にたどり着く必要があります。

 

独学は、自由度が高いことがメリットである一方で、自律が求められます。そのため、モチベーションの維持が予想以上に難しく、学習内容の理解が伴なわないままだと挫折してしまうケースも少なくありません。

 

独学で行うべきことのどれか一つが欠けてしまっても合格が遠のいてしまいます。独学という学習スタイルは、「独学が毒学に変わってしまわぬように、自律心と強い決意が必要である学習スタイル」ともいえます。

 

3 独学で行政書士試験を目指せるのか

答えは、YESです。

上述のポイントを押さえてこなしていけるかどうかが合否に関わる大きなポイントとなります。

もっとも、一般的には、行政書士試験に合格するためには600時間が必要だといわれています。法律学習未経験者かつ独学で勉強するには、それ以上の時間がかかる可能性が大いにあることを覚悟しなければなりません。

なぜなら、法律学習特有の難しさや理解度、法律学習経験の有無など、個人差があるからです。こばかりは、仕方のないことですので粘り強く取り組むしかありません。

▼こちらの記事も合わせてご覧ください。
行政書士試験の合格率や難易度は?他資格との合格率も比較!

4 合格の可能性を高めるには予備校を活用しよう

これまで見てきたとおり、独学には勉強方法のコツや強い意志が必要なので、法律学習未経験者の方は合格までの道のりが遠回りになってしまうことが考えられます。

そこで、効率性や合格の確実性を考慮し、行政書士試験の合格を目指したい方は「予備校」を利用されることをおすすめします。

なぜなら、予備校であれば、合格するためのカリキュラムや教材が用意されていますので、勉強することだけに集中できるからです。つまり、合格するための時間を勉強だけに有効に使うことができるので、「合格」により近づくことができるというわけです。

また、昨今では、通学型の予備校だけでなくオンライン型予備校(通信講座)も増え、機能面も充実しているためインターネット環境さえあればいつでもどこでも行政書士試験の勉強をすることができます。

時間帯や場所に捉われず、ある程度の自由度を確保したまま勉強ができますので、特に忙しい社会人受験生にはおすすめです!

 

5 最短で行政書士合格を目指すなら資格スクエアの行政書士講座

 

行政書士試験の講座は、老舗予備校から新興予備校まで数多くありますが、中でもおすすめなのが、超人気講師森Tによる資格スクエアの行政書士講座です。

ここでは、資格スクエアおすすめの行政書士講座について解説していきますので、是非ご参考になさってください!

 

(1) 4カ月の短期講座

現在、資格スクエアで提供している講座は、2022年11月の行政書士合格を目指す特別カリキュラムです。

担当講師である森Tこと森広志先生は、老舗大手予備校などで20年を超える実績があるベテラン講師です。

「無駄なく」「無理なく」「楽しく」「得点できる」4ヶ月の講座で最短・最速合格を目指せます。

 

出題可能性の高い論点に的を絞った、効率の良い合格カリキュラムで効率的な合格カリキュラムで安心して学習を進めることができますので、法律学習未経験者や独学で得た知識を蓄積させて合格への自信をつけることも可能です。

もちろん、再受験生や他資格保持者、既習者の方もこれまでの知識に“得点力”を加えて合格を確実なものにするべく導きます。

(2) ベテラン講師森Tの分かりやすい講義

ベテラン且つ超人気講師の森Tは、これまでに多くの合格者を輩出してきました。森T自身も短期間で行政書士試験に合格した経験を持つほか、進学塾で国語講師の経験もありますので、文章理解の講義などにも定評があります。

法律学習特有の難しい言い回しや解釈は非常にわかりづらく混乱してしまいます。森T講座の特徴ともいえる「固い法律をやわらかく。」を合言葉に、法律学習未経験者の方でも理解できるように具体例を交えて楽しく学べる工夫(通称:森T劇場)が為されています。

固い法律も楽しく学べるので、オンライン学習でも挫折しづらく安心して合格を目指すことができます。

 

(3) オンライン講座

資格スクエアは、完全オンライン型の予備校ですので、オンライン学習における機能が充実しておりスマホ一つあればいつでもどこでもテキスト・レジュメ要らずで勉強できる点も魅力の一つです。重い六法も過去問も必要ありません。

 

忙しい社会人の方にとっては、通勤時間やちょっとしたスキマ時間を最大限活用することができますので、無理のない学習継続が可能となります。学習を日々の生活の中にルーティン化させ「学習習慣」にしてしまえば、合格へ一歩近づくことができます。

 

その他、詳しい講座の内容や機能など、少しでも気になった方は、是非一度「資格スクエア」のYouTubeチャンネル無料説明会をご活用ください。

6 サマリー

行政書士試験を独学で目指すことは可能ですが、簡単な試験ではないことも事実です。独学は、結果が伴わなければただただ辛い毒学になってしまう可能性があります。行政書士試験は、数ヶ月間集中して効率の良い対策をすれば合格ができる試験ですので、「行政書士森Tの4ヶ月合格講座」オンライン学習機能をフル活用し合格を目指してみてはいかがでしょうか。

7 まとめ

  • 独学とは、学校に通わず先生にもつかず独力で学ぶことであり、自分に合う教材や学習カリキュラムなどを揃えるのは、意外と大変な作業である。
  • 独学が毒学に変わってしまわぬように、自律心と強い決意が必要である学習スタイルといえる独学は要注意。
  • 行政書士試験を独学で目指すことはできるが個人差があるので予想外の時間がかかってしまうこともあり、法律学習未経験者には難しいともいえる。
  • 行政書士試験の合格の可能性を固めるためには、効率性や確実性をカバーできる「予備校」利用がおすすめ。
  • 「固い法律をやわらかく。」森Tのわかりやすく楽しい講義(「行政書士森Tの4ヶ月合格講座」)で短期合格を目指そう!

行政書士カテゴリの最新記事