予備試験入門講座を選ぶポイントとは?アウトプット量に要注目!

予備試験入門講座を選ぶポイントとは?アウトプット量に要注目!

残念ながら大手有名予備校に通ったからといって必ず合格できるわけではありません。

そして、高い授業料を払ったからといって必ず合格できるわけでもありませんよね。

合格率が4%ほどの難関試験である予備試験に合格するという目標を達成するためにはいったいどうすれば良いのでしょうか?

 

人によって合格にたどり着くまでのプロセスもさまざまです。しかし、共通して言えるのは合格に必要な知識(インプット)に絞り込むことと演習量(アウトプット)が合否を左右するということです。また、これらを効率良く学ぶことができるのが予備校であるといっても過言ではありません。

 

この記事では、予備校利用を前提として考えた場合に『入門講座』(いわゆる基礎的な講座)を選ぶ際のポイントなどについて解説していきたいと思います。是非、ご参考になさってくださいね。 

1 予備試験の入門講座とは

予備試験の入門講座とは、各予備校により詳細は異なりますが、一般的には、法律知識がゼロの方(初学者)でも『司法試験・予備試験合格レベル』『法科大学院合格レベル』に到達することができるように開発されたカリキュラム、講義、教材の総称のことといっても差し支えないでしょう。

 

「本当に自分が予備試験に合格できるのかな?」

 

予備試験の学習を始めようかと考えている際に、このように思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?難関試験の一つでもある予備試験ですから、不安に思われることは決して珍しいことではありません。むしろ、法律を学んだ経験がない方(初学者)であれば自然な感情ともいえますので安心してくださいね。一方で、法律を学んだ経験がある方でも“合格レベル”まで自分の実力を引き上げることは、なかなか簡単なことではありません。

 

一般的には、初学者の方が予備試験へのチャレンジを決断されると予備校を利用される方が殆どです。法律知識ゼロの状態からの独学では、「合格するまでに何年かかるか分からず沢山のことを犠牲にしなければならない・・・。」といった事態に陥りかねません。

 

効率良く学習を進めることができる予備校ですが、各予備校の特徴もさまざまです。決して安くはない学費を払うのですから、しっかりと事前にリサーチしておきたいですよね。

 

 

2 予備試験の入門講座を選ぶべきポイント

それでは、たとえ初学者であっても失敗しない入門講座を選ぶべきポイントとはいったいどのようなものなのでしょうか?

ここでは、実際に予備校選びを経験した筆者の意見を交えて紹介していきます。

(1) 自分のライフスタイルに合った入門講座を選ぶ(通学orオンライン)

昨今ではコロナウィルスの影響などもあり、学校に限らずビジネスシーンにおいてもオンライン化が加速度的に進み機能の充実も図られているのではないでしょうか。特に、忙しい社会人の方や地方在住の方など、通学が負担になる環境であれば迷わずに『オンライン型の予備校』をおすすめします。いつでもどこでも自分のスキマ時間などを利用して学習ができる環境は、まとまった学習時間が取れない方にとって大きなメリットとなります。特に、インプット講義(2周目は特に)を受講する場面では、倍速機能などを使うことで更に効果を発揮します。

もちろん、通学受講の場合は、身近に刺激しあえる勉強仲間ができるなどモチベーションの維持がしやすいというメリットもありますので、ご自身のタイプや重視したいポイントなども事前に考慮し整理してみてくださいね。

▼こちらの記事も合わせてご覧ください。
予備試験対策はオンライン・通信講座がベスト?

 

(2) 合格目標年度に合った受講期間(視聴期間)かどうかを確認する

予備校の入門講座を選ぶ際に、自分自身のスケジュールやライフイベントなどを洗い出す作業を丁寧に行ってみることをおすすめします。1日単位、1週間単位、1ヶ月単位、年単位で既に予定されているスケジュールを書き出してみると、自分自身の学習時間における可処分時間が可視化されます。ざっくりとしたイメージで決断してしまうと、予想外の出来事が起こった時にスケジュールに余裕がなくなってしまい後悔することになりかねません。

実際に、コロナウィルスの影響を受けて予定通りに学習スケジュールを進めることができずに悔し涙を飲んだという受験生もいます。避けることの出来ない自然災害や未曾有の事態、家庭の事情などは、なかなか予想できるものではありませんよね。少し余裕を持った学習スケジュールにしておくことで最悪のケース(受講期限が切れ追加費用を払うなど)を回避することが可能となります。

一般的には、初学者の場合且つ専業受験生ならば、最低でも1年はかかるといわれています。兼業受験生であれば、無理のない範囲で1年半〜2年ほど先を合格目標年度として設定してみてはいかがでしょうか。早く合格できることに越したことはありませんが、ご自身にとての最短スケジュール(無理なく確実にこなしていけるペース)という考え方でも良いのではないでしょうか。

これらを考慮して、予備校の販売している入門講座の受講期限をチェックしてみてくださいね。

 

(3) アウトプットに注力した入門講座を選ぶ

結論からいえば、論文式試験の演習量(添削してもらう)の多い予備校を選ばれることをおすすめします!

大手の有名予備校などは、比較的しっかりと厚みのある講義が展開されていることが多いでしょうが、大手予備校は受講費用が100万円を超えることが珍しくありません。テキストや講座自体もたっぷりと時間をかけて行われますので、最悪の場合インプットさえ終わらずに挫折してしまうこともあるかもしれません。

やや極端ですが合格に必要な講義さえ網羅していれば良いのです。

予備試験に合格するためには天王山ともいえる論文式試験を通過しなければなりません。論文式試験は短答式試験の知識だけでは到底合格ラインには届きません。実際に手を動かし論理的思考や重要判例・論証などの知識を備え使いこなせるように鍛えていくためにもアウトプット(論文演習)は不可欠であり、その量が多ければ多いほど合格への近道となるといっても過言ではありません。

予備試験の試験範囲は大変広いためアウトプットまでたどり着かないという事態を防ぐためにもインプット量は必要最低限の量であり、アウトプットに注力した入門講座を選ばれることをおすすめします。

▼こちらの記事も合わせてご覧ください。
予備試験論文式の対策と勉強法とは?おすすめの勉強法を解説

3 資格スクエアの入門講座(基礎講座)で合格を目指そう!

これまで、予備試験の入門講座を選ぶ際のポイントなどについてお話ししていましたが、数ある予備校の中でもおすすめなのが資格スクエアの入門講座です!    

資格スクエアはオンライン予備校であり入門講座を『基礎講座』という名称で展開しています。
大手予備校と比較すると低価格であり、オンラインならではの利便性も兼ねそろえたコスパが良い講座のひとつです。

ここではおすすめのポイントを整理してお伝えします。

(1) “逆算思考の合格術”で最短距離で合格へと導く

資格スクエアがこだわっているのは、『予備試験に合格するための正しい勉強法』です。

 

◆合格読本/ ◆合格ロードマップ/ ◆レベル別学習シート

 

上記3アイテムを活用して学習方法や使用教材に迷わせない仕組みづくりを徹底しています。初学者の方は、特に、学習を進めていく際に「何をどう進めるべきか」が分からず不安を抱えているのではないでしょうか?勉強方法が明確に示されていることは、広範な試験範囲である予備試験において大きなアドバンテージとなります。

資格スクエアでは、合格ロードマップレベル別学習シートを用いて、「何を」「どのくらい時間をかけて」「どの順番で」「どの教材を使って」を明確に指定していますので、迷うことはありません。『合格』というゴールに至るまでの学習の全体像や進め方を把握した上でスタートすることができます。

また、逆算合格術を、最大限使いこなすためのノウハウが詰まっているのが合格読本です。例えば「勉強する際の基本姿勢」「目安となる到達レベル」「講座や教材の位置づけと使い方」「各科目の学習方法」「口述試験や司法試験の対策法」などを詳細に説明しています。逆算合格術を使いこなすための読本であり、勉強に迷ったときの羅針盤となりますので心強い見方となってくれるでしょう。

(2) 【合格者絶賛】指導歴20年超の大ベテラン!高野講師による質の高い講義

 

「高野泰衡先生の講義は、とにかく聴きやすく印象に残りやすい!初学者の入門講座としておすすめです!

社会人 令和4年合格目標

 

「基礎講座が良かった!試験頻出分野かつ勉強の強弱がついていなかったところが理解できたし、コンパクトで見返しも楽、資料も見やすかったです。」

大学生 令和2年合格

 

【高野泰衡講師 プロフィール】

写真学校卒業後カメラマン助手、企画会社ディレクターを経て、慶應義塾大学法学部通信教育部在学中に旧司法試験合格という異色の経歴の持ち主。

大手有名予備校であるLEC東京リーガルマインドや伊藤塾で約20年間専任講師として受験指導の最前線に立ち多くの合格者を輩出。

難解な法律用語を噛み砕き、図表を駆使した分かりやすい講義が多数の合格者・受験生に支持されている。

 

知識のインプットとしては 、入門講座(基礎講座)で合格に必要な知識の全体の約8割を習得します。残りの2割は短答対策用(いわゆる短答プロパー)の細かい知識や、論文問題を解きながら応用的な問題に触れることで習得していきます。

また、ひとつひとつの講義時間が短く設計されているため、スキマ時間を使った聴講にも最適です。講義聴講に時間をかけすぎることを防ぎ、アウトプットに時間をかけられるように工夫されている点も合格への近道であるといえます。

予備試験科目は、難解な学問であることは間違いありませんが、初学者でも分かりやすく無理なく(時には楽しみながら)学習を進めることができ、着実に合格ラインへの実力を身に着けることができます。

 

(3) 逆算思考のカリキュラム(ステップ形式で早期から論文演習・論文添削は業界最多200通!)

資格スクエア予備試験講座学習スケジュール

合格者の9割がアウトプット学習を重視していたといわれるほど、その重要度は高いものです。なぜなら、論文式試験こそが予備試験の天王山ともいえるほど(短答式試験を通過した人のうち20%しか通過できない)難しいからです。故に、ここで諦めてしまう受験生が多いのも事実です。

対策としては、「とにかく書くこと」つまり、論文式試験対策は論文を実際に書く量が合否を分けるといっても過言ではありません。資格スクエアのカリキュラムでは、論文を書く過程を逆算し、段階に合わせたアウトプット(ステップ形式で早期から論文演習・論文添削は業界最多200通!)を用意しています。

論文を書く能力を分解してステップ化することにより、論文突破に必要な能力を着実につけていきます。この論文ステップを進めた後に短答式過去問に取り組むことになりますが、その頃には自ずと短答突破力がある程度ついています。

 

(4) 便利な学習機能(デジタル教材でスキマ時間にいつでも勉強、すぐ質問)

日々の生活において、学習を習慣化することが合格へ一歩近づくことになります。

そのためのツールとして資格スクエアでは、以下のようなデジタル教材を提供しています。

◆オンラインレジュメ

◆条文リンク機能

◆ワンクリック質問機能

◆短答アプリ

 

デジタル教材が学習の効率化とスキマ時間の活用を可能にし、いつでもどこでもスマホ一つで学習することが可能となります。

「育児と両立できるかという不安があったんですが、実際にやってみたら、スマホでいつでも聞けるので両立するという感覚なく学習できました。」

社会人 令和2年合格

 

オンラインレジュメがあれば、重たいテキストの持ち運びは不要です。また、講義画面上でレジュメを表示し自由に編集することが可能となりますので、加筆・修正・マーカー・付箋機能を活用してオリジナルレジュメを作成することもできます。

また、聴講中に六法を参照したい時には、該当条文をクリックするとすぐに参照することのできる条文リンク機能が便利です。六法を持ち歩く必要もありませんし、条文を引く手間が省けるので、学習効率が20%以上もアップします。

このように、デジタル教材は、オンラインですべて完結できる点が大きなメリットです。

そして、学習を進める上で随所で疑問が生じることになりますが、講義画面上からワンクリックで質問できるワンクリック質問機能(予備試験・司法試験合格者がしっかり迅速に回答)が不用な立ち止まりを防ぎます。

短答アプリは、通勤・通学時間や寝る前にコツコツと積み重ねていくことで効率的に知識を定着させることに役立ちますのでおすすめですよ!

 

(5) 学習フォローアップで進捗管理・学習可視化でモチベーション維持

◆月2回(1回15分)のTV電話による個別指導(※逆算プレミアムプラン)

◆月1回(1回15分)のフォローアップ(※逆算プレミアムプラン/逆算プラン)

 

予備試験・司法試験合格者に具体的な学習の質問ができ、理解の精度を高められます。オンライン学習は、孤独になりがちであるといわれていますが、さまざまな不安や疑問にしっかりと応えると共に、合格まで伴走してもらうことが可能です。

また、逆算プレミアムでは司法試験上位合格の弁護士が対応してもらうことができますので魅力的ですよね。

学習進捗メールで自分の学習状況を可視化することができ、学習ランキング機能は全国の受験生と比べてどの程度学習しているか客観的に把握することができます。視聴した講義数、演習した問題数に加えて、他受講生の平均視聴コマ数、上位10%の平均視聴コマ数を把握することができるので、他受講生の学習状況に刺激をもらえますのでモチベーション維持につながることが期待できます。

 

(6)オプション不要、合格に必要なものすべてをパッケージ

資格スクエアメソッドがフルパッケージされた逆算プレミアムの価格は、100万円を切っており最強コスパともいえます。合格に必要なものがすべてパッケージされているため、追加オプションが不要な点は嬉しいですよね。
法律関係のテキストは高額ですし、科目も複数に及ぶためそれらを一つ一つリサーチして購入する手間は、想像以上に負担となります。したがって、プラン内で全てが揃っているということは、時間的にも経済的にもメリットとなります。

〈内容〉

◆入門テキスト / 判例六法 /◆ 基本書  /◆ 講義ノート /◆ 短答問題集 /◆ 論文問題集 /◆ 論証集  /◆ 判例集 /◆ 論文答案用紙

 

前述のとおり、月2回のTV電話による個別指導・月1回のフォローアップでサポート体勢は万全ですし、なんといっても論文の添削は業界最多の200通です!(アウトプット重視の勉強が合格には不可欠です。)

合格するためには、客観的にサポートしてくれる存在が不可欠ですし、合格レベルの論文を書けるようになるためにはもちろんのこと、メンタル的にも心強い味方となります。

4 サマリー

予備試験の入門講座を選ばれる際には、自分自身のライフスタイルやスケジュール、学習の可処分時間などを考慮した上で決めていきましょう!また、各予備校には無料視聴できる講義講座説明会などを行っているところがほとんどです。決して安い金額ではありませんので、利用できるものはとことん利用して自分にぴったりの予備校を選んでくださいね。資格スクエアの入門講座(基礎講座)は、逆算思考で設計されたカリキュラムで合格へと導き、スタッフフォローも万全ですので、初学者でも安心して勉強することができるのでおすすめです!

▼資格スクエアに興味を持った方はこちら
資格スクエアの予備試験講座

 

5 まとめ

  • 予備試験の入門講座とは、一般的には、法律知識がゼロの方(初学者)でも『司法試験・予備試験合格レベル』『法科大学院合格レベル』に到達することを可能としたカリキュラム、講義、教材の総称のこと
  • 予備試験の入門講座を選ぶべきポイントは① 自分のライフスタイルに合った講座を選ぶ(通学orオンライン)② 合格目標年度に合った受講期間(視聴期間)かどうかを確認する③ インプット量は合格するための必要最低限かつアウトプットに注力した講座を選ぶ
  • コスパが高い資格スクエアの入門講座(基礎講座)で効率良く合格を目指そう!

 

予備試験カテゴリの最新記事