予備試験合格に必要な学習時間は最低○○時間!限られた時間を最大活用するには?

予備試験合格に必要な学習時間は最低○○時間!限られた時間を最大活用するには?

はじめに

予備試験に合格した人は、いったいどのくらい勉強し、合格したのか、気になりますよね。

「社会人の受験者はどうしていたのだろう?」とか「土日だけの勉強でも合格できるのかな?」とか、「どうやって勉強時間をやりくりしたのだろう?」とか、いろいろ考えると思います。

何といっても、予備試験は超難関で、3%~4%という低い合格率なのですから、「できれば、もしもの時の保険に、会社を辞めずに受験勉強をやってみたい」と思う人も多いでしょう。

でも、超難関試験なのですから、覚悟を決めて休職とか、正社員を辞めて時間の融通の利く非正規雇用の仕事に転職して「保険のない状況に自分を追い込む必要があるのだろうか?」とも思うでしょう。

そこでこの記事では予備試験合格のための勉強時間について解説します。

 

目 次
1.予備試験合格に必要な勉強時間は?
2.予備試験の学習時間の配分はいかにすればよいのか?
3.時間を最大限活用するコツ ~スキマ時間こそ勉強のチャンス!~
4.短期間集中での学習が合格のカギ!
5.サマリー
6.まとめ

1、予備試験合格に必要な勉強時間は?

(1)法律初心者に必要な勉強時間の目安は?

一般的に、予備試験の合格のために必要な勉強時間は、3000~8000時間だといわれています。

ビデオ講義だけでも300時間程度かかります。

法律初心者は、法律知識が真っ白の状態からの勉強ですから、1年間では難しい人の方が多いでしょう。

ビデオ講義に予習復習をする人もいますが、してダメなわけではありませんが、予習か復習のどちらかで良いと思います。

 

個人的には、復習がお勧めです。

予備校や塾のビデオ講義でも、予習無しで聴くことを勧めているからです。

法律初心者の独学でも予備試験合格の可能性は、絶対とはいえませんが、ゼロに近いかもしれません。

どうしてかというと、どこから手をつけたら良いのかがわからないからです。

法律初心者こそ、取り敢えずビデオ講義を聴いて、とにかく毎日法律に触れることをお勧めします。

法律初心者は、まずは講義を聴いて、法律の文章や思考に慣れることが大切です。

 

先述しましたが、ビデオ講義だけでも全300時間程度ですから、その復習をしていると、早くてもプラス100時間以上はかかるので、これだけで最低400時間です。

でも、まだ問題は全く回答できない状況でしょう。

そこで、取り敢えず一通り講義を聴いて、次は塾や予備校・通信講座のカリキュラムにそって問題集を解いたり過去問対策を進めていきましょう。

1回目は、問題に取り組んでみて、わからないなら解答を見ましょう。

その代わり、解答に関しては、自分なりに理解し、条文等を見て、その解説を書いている参考書を読みましょう。

重要な判例等は、参考書の備考覧や小文字の注意書きだったりする事もありますので、参考書は注意書きから備考欄の小さな文字まで、くまなく読みましょう。

 

それから、問題集を全部一通りやって、1ヶ月1科目で急ピッチでやっても10科目です。すると2回で15ヶ月。

2回目は、解説を読んで理解するスピードが上がると考えて、2回目は1回目の半分として最低15ヶ月です。

短答式は8科目で8ヶ月。

講義を初めに一気に聴いたとして300時間ですから1ヶ月としましょう。

約2年と見ておいた方が良いでしょう。

 

あとは論文式7割、短答式3割程度でしょうか。

1日4時間勉強して、土日祝10時間勉強して、1ヶ月4週と、月1程度で祝日だと考えて、1年間で2640時間程度です。

2年だと5280時間、だいたいこんな感じでしょうか?

[1週間の勉強時間(4×5+10+10)×4週+祝日の勉強時間(10)]×12ヶ月=2640時間

というわけで、個人差を考えて3000時間~8000時間位だと考えましょう。

(2)無理をしないで2~3年時間をかけて勉強しよう

しかし、年齢や勉強できる環境、記憶力等の違いがあって、大きく個人差があります。

1年で一発合格する人もいれば、3~5年かけて合格する人もいます。

通例としては、受験回数が多くなればなるほど合格率は低くなるともいわれています。

 

しかし、それは受験勉強に専念できる環境にいる人の場合で、仕事との両立、あるいは高校生や大学生で、学校の勉強との両立の中、予備試験にがんばる人の場合、2~3年かけて1回目を受験しても、合格率が下がるわけではないと思います。

でも、3年以上かけるのは、モチベーションや精神の緊張状態が崩れてしまうので、2年を目安にするのが良いでしょう。

1年目は、法律のインプットのために時間をかけても良いと思うのです。

 (3)合理的なインプットの勉強は論文式で行おう

多くの資格学校のサイトには、インプット時間は短く、論文の等連の時間を多く採るべきだと書いてあります。

しかし、この記事のインプットは、講義を聴いたり、参考書を読んで法律の基礎知識をつけるという勉強ではないのです。

この記事の中でのインプット(法律知識を頭に入れる)は、論文の答練や予備試験や司法試験の論文式の過去問、判例を読むということだと思ってください。

論文式試験の文体は独特なので、読むことで文体を覚える意味もあります。

また、論文式試験の試験科目は、短答式の科目に法律実務基礎科目(民事・刑事)が加わるので、論文式試験の試験内容を網羅すれば、短答式の試験のインプットもだいたい入っているともいえます。

(4)短答式の勉強は論文式の後が合理的なのはなぜ?

そもそも、短答式は20%ほどの人が合格できるマークシートの選択式です。

事例や文章を読んで、解答が即座に出てくる感じにならないと時間不足となるでしょう。

○=1か×=2か、正しいのはどれか、正しい組み合わせはどれか、といった感じです。

マークシートの選択肢は、解答の組み合わせで正しいものを選ぶものが多いので、回答欄を見ないで、まずは自分で○か×かをつけていきましょう。

そして、自分の解答と同じ物を回答欄から選ぶのですが、初めのうちは、○か×といった回答の仕方に慣れましょう。

 

初めのうちは、回答欄の組み合わせと自分の解答が全く異なることも多いでしょう。

そんな段階で解答欄の正解を探っていては、答え合わせに時間がかかって、勉強の効率が非常に悪いのです。

問題文の左側に○×の解答を書いて、その部分を隠して、どんどんといていくのがお勧めです。

しかし、論文式をマスターして短答式に取り組んだ場合、法律の基礎知識が既にインプットされえいますので、正解率が高くなり、○×式ではほぼ正解でしょう。

そういう状態で、マークシートの解答欄の中から正解を探すのは容易くなるのが理想です。

そういった意味でも、論文式対策から取り組むのがお勧めなのです。

 

2、予備試験の学習時間の配分はいかにすればよいのか?

先の項目で解説しましたが、論文式の過去問や問題集から入って、短答式という順番が合理的です。

(1)論文式は基本的な事例の解析問題中心に多くの時間を取ろう

論文式は、時間内に1500文字の論文で解答しますので、答案文体を覚える必要があります。

事例を整理して、適用条文で問題をささっと解決できるように、事例の問題点をピックアップしていかねければなりません。

多角的なものの見方と事例分析・検証力が必要です。

どの科目も法解釈は事象によって微妙に違う事もありますが、それは法曹人になってからで十分です。

予備試験では、極めて基本的な事象分析ができれば良いのですから、事例の要素も単純です。

パターンを覚えれば、後は応用なのです。

そのためには、繰り返し問題を解く必要があります。

 

予備試験は、平成23年からですから、問題数が十分でないので、司法試験の過去問もチャレンジしておくと、けっこうに多様な問題に触れることができることに気付くでしょう。

応用力を鍛えるには、司法試験の過去問のチャレンジがお勧めです。

大学の法学部卒で、ある程度法律に明るく、1年計画で予備試験突破を考えている人は、論文式8ヶ月、短文式3ヶ月程度でも可能です。

(2)短答式は総仕上げ!知識力確認チェックにもなる?

論文式の勉強をした後、短答式の設問に触れるのも、理解度のチェックつぃてはお勧めです。

短答式は○×式の解答で練習していくことを先にお勧めしましたが、自分の解答の組み合わせが解答欄の中にないときは、自分の解答が何処か間違っているのです。

それを効率よく見直すために、短文式は、マークシートの解答覧を先に見るのではなく、「○(自信あり)」「×(自信あり)」「○?(自信なし)」「×?(自信なし)」と、「○」「×」「○?」「×?」と書いていくのがお勧めです。

「?」がついたものを見直せば良い程度まで正解率を上げておく必要があるのです。

地震があった回答まで間違っているのは、合格ラインの実力ではないという証です。

 

解答の書き方の例を示しましたが、自分がわかりやすいように、自信あり解答とあやふや解答が、後から見てもはっきり区別できるようにしておくのがお勧めなのです。

絶対ではありませんが、だいたい1番目に応えた解答が正しくて、迷った末に出した答えは、だいたい間違っている事が多いというのが試験の通例ともいえます。

さまざまな試験で、同じことを感じたことがある人は多いと思います。

(3)論文式も短答式も一般教養科目は過去問程度や問題集を一通りで十分?

また、一般教養には余り時間を割かないようにしましょう。

やり出すときりがないからです。

司法試験には、他士業のように「足切り」というものがないので、例え一般教養が0点でも、他科目をしっかりと勉強して、7~8割得点できていれば合格できます。

合格点が6割程度だからです。

 

3、時間を最大限活用するコツ ~スキマ時間こそ勉強のチャンス!~

予備試験合格後、司法試験までの半年は、焦らず落ち着いて過ごしましょう。

既に予備試験で、司法試験の基礎知識が身についているとは思うのですが、今までの復習をしっかりと行いましょう。

わかりきった簡単な問題でも、条文をひく習慣だけは怠けずに続けましょう。

また、予備試験になかった選択問題の過去問にも慣れておく必要があります。

 

司法試験の過去問も忘れずに解いておきましょう。

予備試験と違って、司法試験は2日・休み・2日で4日間で行われますので、体力勝負です。

論文式試験の後の最終日に短答式試験が行われるので、論文式に疲れ果てて気が抜けるようなことがないようにしましょう。

短答式が合格点に達していないと、論文式の採点をしてもらえません。

そのため、最後まで気を抜かない体力が必要です。

あるいは、疲れ果てた状況でも集中力が続いて正解できるよう、訓練しておく必要があります。

とくに、予備試験に合格して、一気に燃え尽きないように、予備試験受験勉強中と同じ生活スタイルを司法試験が終わるまで続けましょう。

 

予備試験合格で基礎力は備わっているものの、全科目の過去問をこなす必要があります。

しかし、その期間はたったの半年です。

予備試験の受験中のように、上手な時間の使い方をして、自分のノルマを決めて、着実にこなしていきましょう。

規則正しい食生活に、十分な睡眠で記憶を着実に定着させて、司法試験までの時間を乗り切れるようがんばりましょう。

 

4、短期間集中での学習が合格のカギ!

(1)短期集中力が記憶力アップのコツ

社会人は、日中仕事をしていますので、どうしても勉強時間が短くなります。

でも、人間の集中力は2~3時間がMAXといわれています。

ですから、短期集中型で、「今日はここまで」と決めて、集中しましょう。

時間を決めて集中して勉強することが、短期合格の鍵です。

仕事との両立なのですから、自分のペースで無理のないスケジュールでやっていきましょう。

 

「論文式が先」と先述しましたが、文章を集中して書くのはけっこう疲れるものです。

そのため、休憩時間に短答式を解くのもお勧めです。

短答式は○×式ドリルのような感覚なので、知識の確認テストにもなるのです。

(2)会社員の受験生は独学では難しい?

予備試験は、独学で行うのはやはりなかなか難しいので、予備校や塾・通信教育のテキストを活用しましょう。

とくにフルタイム勤務の人は、予備校や塾への通学の時間も勿体ないので、ライフスタイルに合わせて、通信教育で自分なりの勉強法を形成しましょう。

通信教育なら、時間に縛られることもなく、残業だったり、定時で帰れたりする仕事のペースにも合わせられます。

(3)法科大学院に通うつもりで2~3年計画でチャレンジしよう

仕事をしながら法科大学院に通っているような気分で、2~3年ペースでがんばる方が、会社を辞めて、数百万かけて法科大学院に通うよりは、リスクが少ないでしょう。

「自分を追い詰めた方が良い」という人もいるかもしれませんが、楽な気持ちで楽しく勉強した方が、法律は頭に入ると思います。

(4)思い込みは禁物!予備試験は旧師法試験よりずっと簡単?

予備試験は、旧師法試験のような感じに捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、予備試験は、旧司法試験よりもずっと簡単です。

まず、予備試験の短答式が旧師法試験の選択式に該当しますが、予備試験は○×の組み合わせ、旧師法試験は穴あき文章を埋めていくに当り、その穴埋め解答の組み合わせです。

文章の複雑さのレベルが違います。問題数も試験時間も圧倒的に異なります。

旧師法試験は、全問解答するだけでも大変なくらいの問題量なのです。

 

まず、司法試験は、予備試験みたいに科目が多くありませんでした。

予備試験の論文式が、旧師法試験の記述式ですが、予備試験のように設問のヒントがあるわけではなく、文字制限もなく、まるで判決文のような論文解答を作成できなければなりません。

そして、旧師法試験は、法学を履修した4大卒以外は、一般教養として、1次試験を受ける必要がありました。

旧師法試験の選択が2次試験、記述式が3次試験、口述試験が4次試験でした。

ただし、予備試験と同じように順々に合格していき、合格した試験は2年持ち越し可能でした。

 

合格率は2~3%の難関試験でしたが、問題量も難解さも全く違ったのです。

圧倒的に、現司法試験制度の方が、試験問題が単純です。

旧師法試験の予備校の入門講座レベルで減光しよう試験は合格できるという説もあるくらいです。

だから、予備試験・現行司法試験は、旧師法試験の入門編講座レベルですから、基礎的な知識で解ける問題が多いのです。

だから、着実に地道にこなしていける人が合格できるのです。

(5)「規則正しい自分の勉強スタイル」をつくろう

1日決まった時間に、3~4時間勉強して、睡眠時間もしっかりと取りましょう。

眠っている間に記憶は定着します。

ですから、論文式は、寝る前にその日に解いた問題の解答をもう一度サラッと読んで布団に入ると、朝までに記憶が定着し安いですよ。

この記憶の定着については、医学的に証明されている根拠のある説です。

良質な睡眠が効果的な記憶の定着を促すのです。

また、規則正しい生活をしていれば、多少睡眠時間が少なくても、良質な睡眠がとれますので、身体に悪影響がありません。

ただし、5時間以上の睡眠は確保しましょう。

睡眠時間が4時間を下回ると美容・内臓機能のメンテナンスが不十分となり、疲労感がたまり、健康に悪影響が出るだけでなく、集中力も記憶力も低下します。

免疫力低下で、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなります。

 

さらに十分な睡眠を得るには、食事もしっかりとしなければならないのです。

徹夜をしたり、無理な朝型勉強をするよりも、毎日10時から1時まで勉強して6時半に起きる生活でも十分な勉強ができるというわけです。

そして、土日も会社に行くつもりで、勤務時間に普段できない勉強をするのです。

そんな自分に合ったライフスタイルで勉強して、2~3年かけて合格を勝ち取りましょう。

そのために、通信教育は時間に縛られないのでお勧めです。

 

5、サマリー

いかがでしたか?

予備試験の合格率は3%~4%の超難関試験です。

しかし、着実に課題をこなしていけば、そんなに難しくないというのがご理解いただけたでしょうか。

でも、科目数が多いので、それなりの勉強時間が必要です。

法学部卒の基本的な法律知識がある人と、全く無い人との間には、必要な勉強時間に1年間ほどの差があるでしょう。

 

でも、法科大学院に行ったつもりで、勉強と仕事を両立して行っていけば、気が楽ですよ。

お金も時間もかけずに、仕事をしながら夢を叶えるのは、富士山を登るようなものです。

富士登山は決して無理をしたらいけません。

いきなり富士山登山は不可能ですが、富士山の頂上まで登るには、地道に山に必要な準備を重ね、基本的な体力を作ってから山のルールに則って登れば、不可能な道ではありません。

ただ、頂上に辿り着くのに、どのくらい時間がかかるのか、1回目に成功できるのかどうかに個人差があるだけです。

 

予備試験合格への道も同じです。

健康と良質な睡眠と、スケジュール通りの勉強を地道に行うことです。

予備校や塾・通信教育といった、予備試験の対策を研究し尽くしたプロ達に勉強法を指導されながら、素直に実践していくのがお勧めです。

勉強時間としては、会社の出勤日は3~4時間、休日は会社に行っているつもりで、仕事時間も合わせて10時間ほど勉強しましょう。

そうすると、2~3年で合格の道が見えてくるでしょう。

 

論文式から勉強して短答式を最後に行うのがお勧めです。

論文式(短答式の骨休め含む)に7割程度の時間を使い、短答式は3割程度の時間で大丈夫です。

会社に行きながら仕事と勉強を両立しているのですから、将来の夢に向かってモチベーションも上がります。

ただし、独学は難しいので、予備校や塾似通うのも良いでしょうし、通勤がなく時間的に自由が効く通信教育もお勧めです。

「一日何時間、今日はここまで」と、自分にノルマを課して集中して勉強しましょう。

 

人は睡眠の間に記憶が定着しますので、良質な睡眠がとれるようにするのも、効果的な勉強時間を確保する秘訣です。

ただし、健康を維持するために5時間以上の睡眠は確保しましょう。

健康でないと記憶の定着率も下がり、集中力も低下しますので、効率の良い勉強はできないのです。

そして、予備試験に合格したら、その緊張を維持しながら、予備試験になかった選択式試験対策を行いつつ、司法試験の過去問を制覇しましょう。

 

6、まとめ

  • ・予備試験受験勉強に必要な時間は、3000~8000時間といわれている。
  • ・論文式対策勉強7割、短答式試験3割がお勧めだ。
  • ・夜間の法科大学院に通っているつもりで、スケジュールと1日のノルマを決めて地道に着実にこなしていこう。2~3年計画で行うのがお勧めだ。
  • ・予備試験合格後、司法試験までは、今までの総復習と、選択試験対策を行おう。
  • ・司法試験の過去問も忘れずに。
  • ・司法試験は4日間ぶっ続けで行われ、論文式3日、短答式1日で行われるので、最後まで体力勝負だ。過去問で本試験の時間帯に慣れよう。
  • ・そして、司法試験までの半年間、隙間時間を上手に使って、勉強時間を確保しよう。
  • ・予備試験も司法試験も決して登れない山ではないので、健康で計画的な時間の使い方で、勉強を続けていこう。

 

予備試験カテゴリの最新記事