司法試験の論文式試験ってどんな試験?対策方法までを解説!

司法試験の論文式試験ってどんな試験?対策方法までを解説!

この記事ではトップクラスの難関だともいわれる司法試験の2種類の試験形式のうち、論文式試験について詳しく解説していきます。論文式試験がどのようなものか、そしてどのように対策すれば合格することができるのかという点についてまだまだ分からない方も多いと思います。分かりやすく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

1 司法試験の試験概要

司法試験の論文式試験について解説していく前提として、そもそも司法試験がどのような試験なのかという点を簡単に説明します。

司法試験とは、裁判官・検察官・弁護士の法曹三者になるために必要な試験です。司法試験に合格することで、司法修習生になる資格を得ることができます。司法試験は、毎年1回5月頃(令和5年度は7月中旬)に行われます。試験内容はマークシート式の短答式試験と記述式の論文式試験の2つの形式の試験であり、合否は両試験の総合得点に基づく総合評価によって行われます。

司法試験の受験資格は①法科大学院を修了するか、②司法試験予備試験に合格することで得ることができます。なお、①の法科大学院ルートについては、令和5年度から一定の条件の下、法科大学院在学中でも受験が可能となります。

また、司法試験の試験科目は以下の通りとなっています。今回説明する論文式試験は計8科目となっています。

試験科目
短答式試験 憲法・民法・刑法
論文式試験 ・公法系〔憲法・行政法〕

・民事系〔民法・商法・民事訴訟法〕

・刑事系〔刑法・刑事訴訟法〕

・選択科目

倒産法, 租税法, 経済法, 知的財産法, 労働法, 環境法, 国際関係法 〔公法系〕,国際関係法〔私法系〕から1科目 選択

2 司法試験 論文式試験の問題例

司法試験がどのような試験なのか理解できたところで、論文式試験の詳しい説明をしていきます。

まず、司法試験の論文式試験ではどのような問題が出題されるのでしょうか。すべて読まなくてもよいので、以下の問題例を簡単にご覧ください。

[刑事系科目] 〔第1問〕(配点:100) 以下の【事例1】及び【事例2】を読んで,後記〔設問1〕及び〔設問2〕について,答えなさい。 

【事例1】

 1 甲及びその後輩の乙は,それぞれ金に困り,2人で腕時計販売店に押し入って腕時計を強奪し ようと計画していた。甲は,腕時計販売を業とするA株式会社(以下「A社」という。)が直営 するB腕時計店(以下「B店」という。)で働いている親友の丙に対し,警備体制に関する情報 の提供など上記計画への協力を求めた。 

2 丙は,B店の副店長として自ら接客に従事するほか,アルバイトの採用や従業員の勤怠状況の 管理を行い,B店の帳簿作成や売上金管理等の業務も担当していた。売上金管理業務として,丙 には,各営業日の閉店後,当日の売上金額をA社本社に報告することのほか,各営業日の開店前 に,前日の売上金をA社名義の預金口座に入金することが義務付けられていた。また,商品の仕 入れ,店外への持ち出し及び価格設定について,丙に権限はなく,全て店長Cの承認を得る必要 があるとされていた。 B店の売場に陳列されている商品は,ショーケース内に保管されていたが,その陳列方法は全て丙が決定していた。このショーケースは,接客に必要なときを除いて常時施錠され,その鍵は, C及び丙のみが所持していた。また,B店の売場及び従業員控室には,複数の防犯カメラが設置 され,その様子が常時くまなく音声付きで撮影録画されていたほか,警備会社を通じ,警察に非 常事態の発生を知らせるための押しボタン式通報システムも設置されていた。 

3 金に困っていた丙は,甲からの話を聞いて,いっそのことB店の腕時計が強奪されたように装 い,これを自分たちのものにしようと思い付き,某月1日,甲に対し,前記2の事実関係を説明 した上,「午前11時の開店時は,普段だとめったに客も来ないし,明後日は俺しかいないから, その時,店に来て刃物を出して,ショーケースを開けろと言ってくれ。俺は後で怪しまれないように拒むふりをするけど,最後はショーケースを開けるから,すぐに時計を持って行ってくれ。 ただ,俺も通報しないわけにはいかないので,急いで逃げろよ。時計は後で分けよう。それと, 会ったことのない乙は信用できないから,今の話は内緒にしてくれ。」と持ち掛けたところ,これを甲は承諾した。 

4 甲は,同月2日,丙と内通している事実を秘したまま,乙に対し,「明日,俺がB店の開店と 同時に中に入って店員に刃物を突き付けて時計を奪い取ってくる。その間,お前は近くに停めた 車で周囲を見張り,俺が戻って来たらすぐに車を出してくれ。帰ってから時計を分けよう。」と 持ち掛けたところ,これを乙は承諾した。

 5 甲は,同月3日午前10時59分,乙の運転する自動車でB店前路上に到着し,同日午前11 時,その開店と同時に,覆面をかぶり,サバイバルナイフ(刃体の長さ約20センチメートル。 以下「本件ナイフ」という。)及びボストンバッグ(以下「本件バッグ」という。)を持って同 車から降り,B店に向かった。 甲は,B店内に入ると,丙に対し,本件ナイフを示し,「殺されたくなかったら,これに時計 を入れろ。」と言い,ショーケース内に陳列されている腕時計を本件バッグに入れるように要求 した。これに対し,丙は,前記通報システムを作動させ,甲に対し,「通報したから警察が来る ぞ。」と言い,上記要求を拒否するふりをしたので,甲は,丙に対し,「いいからやれ。刺す ぞ。」と語気を強めて言った。その直後,丙は,ショーケースを解錠し,その中にあった腕時計 100点(時価合計3000万円相当)を甲から受け取った本件バッグに入れ,これを甲に差し 出した。甲は,同日午前11時3分,本件バッグを丙から受け取ると,B店内から出て前記車両  に乗り込み,乙の運転する同車で逃走した。 乙は,甲が前記車両を降りてから戻って来るまでの間,通行人が甲を警戒したり,警察官らが 駆けつけたりする様子があれば,これを甲に知らせるつもりで,同車運転席から周囲を見張って いた。

 6 甲は,同日,乙に対し,その取り分として前記腕時計100点のうち20点(時価合計400 万円相当)を手渡し,さらに,同月4日,丙に対し,その取り分として残りの腕時計のうち40 点(時価合計1300万円相当。以下「本件腕時計40点」という。)が入った本件バッグを手 渡した。

 7 丙は,同月5日,本件バッグを交際中の丁の自宅に隠すこととし,これをその押し入れ内にし まうと,丁に対し,「バッグの中は見るな。しばらく預かっておいてくれ。」と言った。これに 従い,丁は,本件バッグを押し入れ内に放置していたが,同月10日,片付けのため本件バッグ を手に持った際,想像以上の重量であったので,不審に思い,その中を見たところ,本件腕時計 40点を発見した。その時,丁は,本件腕時計40点全てに値札が付いていたことから,丙が自 分のものにするためにB店から無断で持ち出した商品であろうと認識したが,丙のために,本件 バッグを預かり続けることとし,これを元の位置に戻した。丁は,同月25日に本件バッグを丙 に返すまでの間,これを押し入れ内に置き続けた。 

〔設問1〕 【事例1】における甲,乙,丙及び丁の罪責について,論じなさい(住居等侵入罪 (刑法第130条)及び特別法違反の点は除く。)。

出典:令和3年度司法試験 刑事系科目

 

この問題は令和3年度司法試験の刑事系科目のうち、刑法の過去問から抜粋したものです。このように、法試験の論文式試験では、長文の架空の事例をもとに記述での解答を求められます。

3 司法試験の論文式試験はどう対策すればよい?

2では司法試験の過去問題をみてきました。それでは、実際にこのような問題を解けるようになるにはどうすればよいのでしょうか。対策方法を解説します。

(1) 事例問題集をやり込む

まず2でみたように司法試験の論文式試験は一定の事例を素材にした記述式で行われます。そのため、事例問題特有の解き方を身につける必要があります。そこで使うのは事例式問題集です。

事例式問題集にはいわゆる「論点」が含まれる問題があります。演習の際は、この論点の部分は問題提起→規範を定立する→事実を規範にあてはめる→結論という法的三段論法に基づいて答案を書けているかということやどの事実からその論点が問題となるのか、加えて、論点以外の部分は条文の摘示や法律要件をきちんと検討できているかなどの点について特に意識を払いながら進めていきましょう。

そして、通常はインプットのあとにアウトプットであるこの事例式問題集を解くことになります。その際、インプットが完璧でないからといって問題集を始めないのではなく、インプットが終わったらその定着が不完全でも事例式問題集に手を付けることをおすすめします。事例式問題集で具体的な事例にあたることで、インプットの内容が理解できることが法律学習では頻繁にあるからです。

(2) 過去問演習をする

事例式問題集に取り組んだあとは司法試験の過去問を演習するようにしましょう。最初は事例式問題集をやっていても事実の多さからなかなか歯が立たないこともあると思いますが、自分の答案構成と模範解答の解答筋を見比べてみて、どこかずれていたのか、それはなぜなのかを丁寧に確認し、演習を繰り返すことで徐々に解答の方針がずれたり、大きな論点の検討を忘れたりすることは少なくなってくるはずです。

また、過去問演習の段階では、実際の試験時間に基づいて演習を行い、問題を読む時間・答案構成(答案の大まかな方針を決める)を行う時間・実際に記述する時間の配分をどうするかという点を色々試し、修正していくことも大切です。記述する時間は個人の記述のスピードに依存するため、事前に答案用紙1枚を記述するのにどれくらい時間がかかるのかを測っておくとよいでしょう。

そして、司法試験の論文式試験では、合格者が本番で実際に書いた答案を再現した再現答案が参考になります。これを分析することで、合格者がどう記述して受かっているのか、加えて、逆にどの部分ができていなくても一定の評価を受けるのかという点が理解できます。特に、規範に対するあてはめの部分の記述を参考にし、あてはめの素材をストックすると役に立つでしょう。

過去問演習については、実際に記述した答案を第三者に見てもらうことも効果的です。自分だけでは気づかなかった文章の書き方や理解の甘い点などに気づくことができます。司法試験予備校や合格者が添削を行っているので積極的に利用しましょう。

4 サマリー

いかがだったでしょうか。司法試験において論文式試験は天王山とよくいわれ、重要視されています。試験形式は試験形式の名前通り、一定の事例をもとにした記述方式となっており、なかなか初学者の方にとっては慣れるまでは難しい試験なのではないでしょうか。ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

5 まとめ

  • 司法試験は短答式試験と論文式試験の2種類の試験から構成されている。
  • 論文式試験の問題は架空の事例をもとに出題される。
  • 論文式試験の勉強では事例問題集と過去問題が重要な教材となる。
  • 事例問題集では基本的な論点の書き方やあてはめ、答案の構成の仕方などを身につける。
  • 過去問演習では試験時間の使い方を試したり、実力を測った上で添削サービスなどを使ったりするのがオススメ。

司法試験カテゴリの最新記事