予備試験の合格者数ってどれくらい?人数や司法試験合格者数まで解説!

予備試験の合格者数ってどれくらい?人数や司法試験合格者数まで解説!

この記事では司法試験予備試験の合格者数や予備試験合格者の司法試験合格者数の推移を具体的なデータとともに紹介しています。予備試験や司法試験は難関国家試験といわれていますが、実際としてどれくらいの人数が合格しているのか、そして難関である予備試験に合格した者は司法試験にどれほど強いのかという点は気になる人も多いと思います。ぜひ今回の記事を参考に司法試験や予備試験の受験を考えてみてください!

1 司法試験予備試験とは

司法試験予備試験(以下、予備試験と略します。)の合格者数についてみていく前に、予備試験とはそもそもどのような試験なのかという点について説明します。

予備試験とは、ズバリ司法試験の受験資格を得るための資格試験です。現在、司法試験を受験するには、①法科大学院を修了するか、②司法試験予備試験に合格することが必要となります。そして、予備試験の受験には年齢制限はないため、予備試験に合格すれば誰でも司法試験を受験することができます。なお、前者の法科大学院ルートにおいては令和5年から一定条件のもと法科大学院在学中でも司法試験を受験することができるようになります。

試験は、①短答式試験、②論文式試験、③口述試験の3段階の試験から構成され、毎年1回、5月〜11月ほどにかけて行われます。

2 予備試験の合格者は?

(1) 予備試験合格数・合格率の推移

法務省のデータによると予備試験の合格者数・合格率の推移は、以下のようになっています。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2021 11,717 467 4.00%
2020 10,608 442 4.20%
2019 11,780 476 4.00%
2018 11,136 433 3.90%
2017 10,743 444 4.10%
2016 10,442 405 3.90%
2015 10,334 394 3.80%
2014 10,347 356 3.40%
2013 9,224 351 3.80%

(2) 考察

以上のように、予備試験合格者は年々やや増加しています。ただし、この変化は受験者数の増加にも比例しているため、合格率としては4%前後を維持しています。したがって、合格者が増えたからといって、合格が容易になったわけではありません。

また、予備試験の受験者数は増加傾向にあるため、今後も予備試験合格者は増加すると思われます。その場合でも、これまでと同様、合格率は4%前後という状態が維持される可能性があります。

3 予備試験経由の司法試験合格者は?

(1) 予備試験経由の司法試験合格者数・合格率の推移

法務省のデータによると予備試験経由での司法試験合格者・合格率は以下のようになっています。

受験者数 合格者数 合格率
令和3年 400 374 93.50%
令和2年 423 378 89.36%
令和元年 385 315 81.82%
平成29年 400 290 72.50%
平成30年 433 336 77.60%
平成28年 382 235 61.52%

(2) 考察

以上のように、予備試験経由の司法試験合格率は令和3年度で9割に達するなど非常に高い合格率となっています。

この理由として、予備試験と司法試験の出題形式の同一性が挙げられます。どちらの試験においても短答式試験・論文式試験が課されており、予備試験の勉強内容が司法試験の勉強と重複しています。問題の難易度は違うにせよ、司法試験で求められる基本的な答案の書き方や短答式試験の知識などが予備試験段階で問われているため、予備試験に合格した人は司法試験に合格しやすいといえます。

また、短答式試験についても、予備試験では短答式試験の試験科目に基本7法が含まれているところ、司法試験短答式試験は3科目であるため予備試験合格後は短答式試験において負担が少ない状態で論文式試験の勉強を進めることができる点も理由の1つです。

なお、予備試験では令和4年度より、論文式試験の試験科目に倒産法・租税法・経済法・知的財産法・労働法・環境法・国際関係法〔公法系〕・国際関係法〔私法系〕から1科目選択する選択科目が一般教養科目に置き換わって導入されます。この選択科目はもともと司法試験では試験科目となっていましたが、予備試験では試験科目になっていなかったため、予備試験経由で司法試験合格を目指す受験生は予備試験後から翌年度の司法試験のために、少ない時間の中選択科目の勉強を進めるという状態が続いていました。しかし、上記の制度変更により、予備試験受験の際に選択科目まで勉強することとなり、さらに予備試験の勉強と司法試験の勉強がリンクすることとなります。よって、予備試験経由の司法試験合格者・合格率は今後やや増加する可能性もあるでしょう。

4 サマリー

いかがだったでしょうか。今回の記事にもあったように、確かに予備試験は合格が非常に難しい試験ではあります。しかし、予備試験に合格できれば司法試験の合格へは近いところにいるといえます。これからも受験者の増加は見込まれますが、大学生や社会人などで司法試験の合格を目指している方は費用や時間のかかる法科大学院ルートよりまずは予備試験の受験を考えてみることをおすすめします。

まとめ

  • 予備試験に合格すれば司法試験の受験資格を得ることができる
  • 予備試験の受験者数は増えてはいえるが合格者も増加し、合格率は変わらない
  • 予備試験合格者の司法試験合格率は8~9割と非常に高い
  • 司法試験合格のためにはまず予備試験合格を目指すことがオススメ

予備試験カテゴリの最新記事