司法試験にはどんな問題が出るの?問題例とその傾向を解説

司法試験にはどんな問題が出るの?問題例とその傾向を解説

この記事では難関資格試験の1つである司法試験の短答式試験・論文式試験という2種類の試験について、どのような問題が出題され、それに対してどのように対策すればよいのかという点を詳しく解説しています。司法試験の受験を決めている人でも実際の問題はまだ見たことないという人もいるのではないでしょうか。司法試験合格への第1歩はゴールをまずは見定めることです。そもそも司法試験を受験するかどうか迷っている人も含め、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

1 司法試験とは

司法試験の問題について見ていく前に、そもそも司法試験とはどのような資格試験なのでしょうか。

司法試験とは、裁判官・検察官・弁護士の法曹三者となるための試験です。司法試験に合格し、1年間の司法修習を修了すると法曹三者のいずれかになることができます。

試験は年1回5月頃に行われています(ただし、令和5年度からは7月中旬に試験日程が変更となります)。試験内容はマークシート式の短答式試験と記述式の論文式試験の2種類の試験から構成され、両者の総合点に基づく総合評価により合否が決定されます。

試験科目は以下のようになっています。

試験科目
短答式試験 憲法・民法・刑法
論文式試験 ・公法系〔憲法・行政法〕

・民事系〔民法・民事訴訟法・商法〕

・刑事系〔刑法・刑事訴訟法〕

・選択科目

▷倒産法, 租税法, 経済法, 知的財産法, 労働法, 環境法, 国際関係法 〔公法系〕  ,国際関係法〔私法系〕から1科目選択

司法試験を受験するには、受験資格として①法科大学院を修了する(令和5年度司法試験からは法科大学院在学中でも一定の条件のもと受験が可能となります)か、②司法試験予備試験に合格することが必要となります。

2 司法試験の問題例とその傾向

それでは、具体的に司法試験ではどのような問題が出題されるのでしょうか。短答式試験と論文式試験に分けてみていきましょう。

(1) 短答式試験の問題例

〔第2問〕(配点:2)

 意思表示に関する次のアからオまでの各記述のうち,判例の趣旨に照らし誤っているものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。(解答欄は,[No.2]) 

ア.表意者がその真意ではないことを知って意思表示をした場合において,相手方が,表意者の 真意を具体的に知らなくても,その意思表示が表意者の真意ではないことを知り,又は知ることができたときは,その意思表示は無効である。 

イ.表意者の意思表示がその真意ではないことを理由として無効とされた場合において,その無効は,善意であるが過失がある第三者に対抗することができる。

 ウ.相手方と通じてした虚偽の意思表示の無効は,第三者がその表示の目的につき法律上の利害 関係を有するに至った時に善意であれば,その後悪意になったとしても,その第三者に対抗することができない。

 エ.相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合,相手方がその事実を知らなかったとしても,それを知ることができたときは,表意者は,その意思表示を取り消すことがで きる。 

オ.強迫による意思表示の取消しは,善意でかつ過失がない第三者に対抗することができない。

 1.ア ウ  2.ア エ  3.イ ウ  4.イ オ  5.エ オ

出典:法務省 令和3年度司法試験 短答式試験問題集[民法]

こちらは令和3年度司法試験短答式試験の民法において出題された問題です。前述の通り、短答式試験はマークシート式の試験であり、複数の選択肢の中から正解の選択肢や誤っている選択肢の組み合わせを選ぶという形式が一般的です。また、少し民法の学習が進んでいる方は分かると思いますが、この問題は民法の条文を知っていれば解答することが可能な問題であり、条文の知識が問われています

次にこちらの問題をご覧ください。

〔第9問〕(配点:4) 

次のアからオまでの各記述を判例の立場に従って検討し,正しい場合には1を,誤っている場合 には2を選びなさい。(解答欄は,アからオの順に[No.15]から[No.19])

 ア.甲は,勤務先の事務室で1人で残業をしていたところ,使用中の電気ストーブから周囲の可燃物に誤って引火させた。甲は,その時点での消火作業は容易であったにもかかわらず,同室 を含む勤務先建物が焼損することを認容して,消火作業をすることなく,同室から立ち去り, その結果,同建物が全焼した。その行為当時,同建物の他の部屋では甲の同僚が仮眠中であり, 甲もそのことを認識していた。この場合,甲に既発の火力を利用する意思がなければ,現住建 造物等放火罪は成立しない。[No.15] 

イ.甲は,Vと2人きりのホテル客室で,その同意の下,Vに対し,覚醒剤を注射したところ, Vが体調の異変を訴え,錯乱状態に陥ったため,救急医療を要請する必要があることを認識し, その要請をしていれば,Vの救命は確実であったにもかかわらず,その要請をすることなく, Vを放置したまま同室から立ち去り,その結果,Vが死亡したが,甲に殺意はなかった。この 場合,甲がVを放置した行為とVの死亡との間の因果関係に欠けることはなく,甲には,保護 責任者遺棄等致死罪が成立する。[No.16]

 ウ.甲は,深夜,自動車を運転中,路上で過失により通行人Vに同車を衝突させて,歩行不能の 重傷を負わせた上,一旦Vを同車に乗せて,降雪中の周囲にひとけのない路上に移動し,Vに対し,医師を呼んでくるとうそを言って,Vを同車から降ろし,同車で同路上から立ち去ったが,甲に殺意はなかった。この場合,甲には,Vを保護する責任があり,保護責任者遺棄等罪 が成立する。[No.17] 

エ.甲は,自己の口座に振込先を誤った振込入金があったことを知ったが,銀行窓口において, 窓口係員に対し,その受取人として上記の誤った振込入金があった旨を告知せずに,その払戻しを請求し,事情を知らない同係員をして,払戻しに応じさせた。この場合,甲には,上記の 誤った振込入金があったことを告知する義務はなく,詐欺罪は成立しない。[No.18] オ.甲は,面識のない他人のVと口論に及び,その首を絞めて窒息死させ,Vの死体をその場に 放置して逃走した。この場合,甲には葬祭義務はなく,死体遺棄罪は成立しない。[No.19]

出典:法務省 令和3年度司法試験 短答式試験問題集[刑法]

こちらは令和3年度の刑法の過去問になります。問題のリード文をみるとわかるように、この問題では判例の立場に従って解答することが求められていることがわかりますね。また、先程の問題とは異なり、こちらの問題のように正解の選択肢に1をつけ誤りのある選択肢には2をつけるといった形で全ての選択肢の正誤を問うものもあります。このように、短答式試験では条文だけではなく判例に従って解答することが求められる問題も多くあり、マークシート式とはいっても解答の方法には複数の種類があります。

以上でみたように、司法試験の短答式試験では条文と判例の出題がほとんどを占めています。

(2) 論文式試験の問題例

次は論文式試験の問題例です。全てきちんと読む必要はありませんが、ご参考までにご覧ください。

〔刑事系科目] 

以下の【事例1】及び【事例2】を読んで,後記〔設問1〕及び〔設問2〕について,答えなさ い。 

【事例1】 

1 甲及びその後輩の乙は,それぞれ金に困り,2人で腕時計販売店に押し入って腕時計を強奪し ようと計画していた。甲は,腕時計販売を業とするA株式会社(以下「A社」という。)が直営 するB腕時計店(以下「B店」という。)で働いている親友の丙に対し,警備体制に関する情報 の提供など上記計画への協力を求めた。 

2 丙は,B店の副店長として自ら接客に従事するほか,アルバイトの採用や従業員の勤怠状況の 管理を行い,B店の帳簿作成や売上金管理等の業務も担当していた。売上金管理業務として,丙 には,各営業日の閉店後,当日の売上金額をA社本社に報告することのほか,各営業日の開店前 に,前日の売上金をA社名義の預金口座に入金することが義務付けられていた。また,商品の仕入れ,店外への持ち出し及び価格設定について,丙に権限はなく,全て店長Cの承認を得る必要 があるとされていた。 B店の売場に陳列されている商品は,ショーケース内に保管されていたが,その陳列方法は全て丙が決定していた。このショーケースは,接客に必要なときを除いて常時施錠され,その鍵は, C及び丙のみが所持していた。また,B店の売場及び従業員控室には,複数の防犯カメラが設置 され,その様子が常時くまなく音声付きで撮影録画されていたほか,警備会社を通じ,警察に非 常事態の発生を知らせるための押しボタン式通報システムも設置されていた。 

3 金に困っていた丙は,甲からの話を聞いて,いっそのことB店の腕時計が強奪されたように装 い,これを自分たちのものにしようと思い付き,某月1日,甲に対し,前記2の事実関係を説明した上,「午前11時の開店時は,普段だとめったに客も来ないし,明後日は俺しかいないから, その時,店に来て刃物を出して,ショーケースを開けろと言ってくれ。俺は後で怪しまれないように拒むふりをするけど,最後はショーケースを開けるから,すぐに時計を持って行ってくれ。 ただ,俺も通報しないわけにはいかないので,急いで逃げろよ。時計は後で分けよう。それと, 会ったことのない乙は信用できないから,今の話は内緒にしてくれ。」と持ち掛けたところ,これを甲は承諾した。 

4 甲は,同月2日,丙と内通している事実を秘したまま,乙に対し,「明日,俺がB店の開店と 同時に中に入って店員に刃物を突き付けて時計を奪い取ってくる。その間,お前は近くに停めた 車で周囲を見張り,俺が戻って来たらすぐに車を出してくれ。帰ってから時計を分けよう。」と 持ち掛けたところ,これを乙は承諾した。

 5 甲は,同月3日午前10時59分,乙の運転する自動車でB店前路上に到着し,同日午前11 時,その開店と同時に,覆面をかぶり,サバイバルナイフ(刃体の長さ約20センチメートル。 以下「本件ナイフ」という。)及びボストンバッグ(以下「本件バッグ」という。)を持って同 車から降り,B店に向かった。 甲は,B店内に入ると,丙に対し,本件ナイフを示し,「殺されたくなかったら,これに時計 を入れろ。」と言い,ショーケース内に陳列されている腕時計を本件バッグに入れるように要求した。これに対し,丙は,前記通報システムを作動させ,甲に対し,「通報したから警察が来るぞ。」と言い,上記要求を拒否するふりをしたので,甲は,丙に対し,「いいからやれ。刺すぞ。」と語気を強めて言った。その直後,丙は,ショーケースを解錠し,その中にあった腕時計 100点(時価合計3000万円相当)を甲から受け取った本件バッグに入れ,これを甲に差し出した。甲は,同日午前11時3分,本件バッグを丙から受け取ると,B店内から出て前記車両 に乗り込み,乙の運転する同車で逃走した。 乙は,甲が前記車両を降りてから戻って来るまでの間,通行人が甲を警戒したり,警察官らが 駆けつけたりする様子があれば,これを甲に知らせるつもりで,同車運転席から周囲を見張って いた。 

6 甲は,同日,乙に対し,その取り分として前記腕時計100点のうち20点(時価合計400 万円相当)を手渡し,さらに,同月4日,丙に対し,その取り分として残りの腕時計のうち40 点(時価合計1300万円相当。以下「本件腕時計40点」という。)が入った本件バッグを手 渡した。 

7 丙は,同月5日,本件バッグを交際中の丁の自宅に隠すこととし,これをその押し入れ内にしまうと,丁に対し,「バッグの中は見るな。しばらく預かっておいてくれ。」と言った。これに 従い,丁は,本件バッグを押し入れ内に放置していたが,同月10日,片付けのため本件バッグ を手に持った際,想像以上の重量であったので,不審に思い,その中を見たところ,本件腕時計 40点を発見した。その時,丁は,本件腕時計40点全てに値札が付いていたことから,丙が自 分のものにするためにB店から無断で持ち出した商品であろうと認識したが,丙のために,本件 バッグを預かり続けることとし,これを元の位置に戻した。丁は,同月25日に本件バッグを丙 に返すまでの間,これを押し入れ内に置き続けた。

〔設問1〕 【事例1】における甲,乙,丙及び丁の罪責について,論じなさい(住居等侵入罪 (刑法第130条)及び特別法違反の点は除く。)。

【事例2】(【事例1】の事実に続けて,以下の事実があったものとする。)

 8 乙は,甲から受け取った腕時計20点を換金したが,浪費して再び金に困り,同月30日午後 7時,甲に電話を掛け,「時計をもっと分けてください。」などと執ように迫った。甲は,当時, 自宅で丙と飲酒中であったが,乙の態度を面倒に感じ,酒の勢いもあって,「実は,B店の店員 と通じてやったんだ。今も一緒に飲んでいる。残りは俺とそいつで半分ずつに分けたから,お前 にやる分はもうない。」と言った。これを聞いた乙は,興奮し,「そんなのうそでしょ。」と言 った。甲は,「うそだと思うなら,うちに来いよ。」と言い,電話を切った。甲は,乙の態度に 立腹し,丙に状況を説明した上,「乙は生意気だから,懲らしめてやろう。多少怪我をさせても 構わない。俺が木刀で殴ってやる。その時,乙を押さえていてくれ。」と言ったところ,最初は 嫌がっていた丙も,最終的にはそれに応じた。

 9 甲は,自宅物置内から木刀を持ち出し,丙と共に自宅前で乙を待っていたところ,同日午後8 時,乙が到着するや否や,丙が背後から乙を羽交い締めにした。甲は,「お前,調子に乗るな よ。」と言い,乙の頭部を木刀で1回殴った。すると,乙は,「やめてください。やめてくれな いなら,全部警察にばらしますよ。」と言い出した。乙の発言について,甲は,乙の真意でない と考えたが,丙は,そのように考えず,乙に暴行を加え続けて警察に真相を話すのを思いとどまらせようと考え,「もっと痛い目に遭わないと分からないのか。」と言い,乙の顔面や腹部を手 拳で多数回殴った。 これを見た甲は,丙の余りの勢いに驚き,丙に対し,「乙が警察にばらすはずはない。落ち着 け。」と言い,丙をいさめて暴行を終了させようとした。しかし,丙は,暴行を提案した甲から 止められたことに立腹し,甲の頭部を手拳で殴ったところ,転倒した甲が頭部を路面に打ち付けて気絶した。丙は,そのことを認識しつつ,この機会に,乙に暴行を加えて警察に真相を話さないと約束させようと考え,同日午後8時5分,甲から取り上げた木刀で乙の頭部を1回殴ったと ころ,乙は逃げ出した。 

10 乙は,全治約3週間を要する頭部裂傷のほか,全治約1週間を要する顔面打撲及び腹部打撲の 傷害を負った。そのうち全治約3週間を要する頭部裂傷の傷害は,甲又は丙の木刀による殴打行為のいずれか一方だけによって形成されたことは明らかであるが,いずれの殴打行為から形成されたものか不明であった。 

 

〔設問2〕 【事例2】における甲の罪責に関し,以下の⑴及び⑵について,答えなさい。なお, ⑴及び⑵のいずれについても,自らの見解を問うものではない。 ⑴ 甲は乙の頭部裂傷の傷害結果に関する刑事責任を負わないとの立場からは,その結論を導くために,どのような説明が考えられるか。論点ごとに論拠を示しつつ説明すること。 ⑵ 甲は乙の頭部裂傷の傷害結果に関する刑事責任を負うとの立場からは,前記⑴の説明に対し, どのような反論が考えられるか。論点ごとに論拠を示しつつ反論すること。

出典:法務省 令和3年度司法試験論文式試験問題集[刑事系科目第1問]

こちらは令和3年度司法試験論文式試験の刑法の問題になります。第一印象では問題文が非常に長いことがわかります。また、司法試験の論文式試験はこの問題のように架空の事例をもとに解答をさせるものになっています。

傾向としては、司法試験は予備試験とは少し異なり、事実を少し複雑にして判例や見解が問題文の事例においても適用することはできるのかという判例の射程を問うような問題や、学習してこなかった論点を現場で法的思考力を用いて解答させる問題があります。ただし、合否の差が付くのはそのような部分ではなく、あくまで各科目の基本事項が正確に記述できているかという点になります。

また、過去問をみると分かる通り、解答をしていく中で反論やそれに対する再反論を交えることを求められる問題もあり、事案を多角的に分析し、妥当な解決を図る能力もみられているといえます。

3 司法試験はどう対策すればよい?

以上のような問題が出題される司法試験にはどのように対策すればよいのでしょうか。

(1) インプット

各試験形式の対策の土台として、各法律科目の基礎知識が必要となります。この土台を作るためには、基本書を読む、予備校の基礎講義を受講するなどの方法がありますが、司法試験対策の上では予備校の基礎講義をまず受けることが効率的です。

司法試験の試験科目は上述の通り、幅広くあり、全範囲を1周するだけでもかなりの時間がかかります。また、全範囲の試験での重要度が全て等しいわけでもありません。そこで、予備校の基礎講義がオススメです。予備校の基礎講義では、過去の試験問題を分析した上で、試験対策上重要な部分をまずインプットしてもらい、他の短答式試験にしか出題されない分野(短答プロパー)などは2周目以降にまわすなどの工夫があります。また、講義時間も基本7法の授業を300時間程度で提供している予備校もあり、基本書を読む勉強と比べれば効率的にポイントを抑えながらメリハリの効いたインプットが可能です。

また、インプットの際には、分からないことがあってもどんどん先に進んでいきましょう。法律学習における性質として、全体をみてから、2周目以降に触れるとよく理解できるといった点があり、まず木を見るためにはまず森を見るといったような勉強が有効です。また、インプットのあとには問題演習などのアウトプットを行いますが、インプットが完璧になっていないからアウトプットには進まないといった勉強は避け、アウトプットにどんどん進むようにしましょう。問題演習の中で事例に触れることで基礎事項が身につくということも多くあります。

(2) 短答式試験

司法試験の短答式試験では、既に述べたとおり、条文と判例の知識を問う問題が主に出題されます。また、一度出題された問題は再度問いの角度を変えて出題される傾向にあります。そこで、試験対策としては短答式試験の過去問題集を何度も繰り返して解くとよいでしょう。その際には、根拠を持って解けた選択肢は次回以降の演習の対象から外し、次回以降は間違えた問題や解答の根拠に自信のない問題を中心に演習を行うことが有効です。

また、条文問題の対策には条文の文言を要件・効果や原則・例外に意識を向けながら素読したり、条文の読み上げ音声を聞いたりすることもよい勉強になるでしょう。

(3) 論文式試験

① 事例問題集を解く

司法試験の論文式試験では、先程の問題をみればわかるように架空の事例をもとに解答をすることとなります。これに対しては、事例問題集を何度も繰り返し、事例問題の解き方を身につけることが基礎として重要です。インプットでは理解していたものの、その知識を事例にあてはめようとするとその知識を使うことができないということが司法試験の勉強では往々にしてあります。そこで、あくまで事例を通して理解をするといった意識で積極的にアウトプットを行いましょう。

また、事例問題を解く際には、事実の摘示やその評価ができているか、規範の定立ができているかなど解答の法的三段論法が崩れていないかといった点や、自らの見解に都合の良い事実だけではなく、都合の悪い事実についても使えているかという点なども確認してみるようにしましょう。特に後者については反論や再反論を組み立てる際の材料になったりもします。

② 過去問題に取り組む

事例問題集の後は、論文式試験の過去問題をやり込みましょう。主な気をつけるべき点は事例問題集の際と変わりませんが、答案を作成する際には、問題を読む時間・答案構成をする時間・答案を書く時間のそれぞれの配分を考え、試してみるなど試験時間の使い方を練習してみるようにするとよいでしょう。その際には、自分が答案用紙1枚を書き上げるのに必要な時間を事前に測定した上で、配分を考えるとより正確な時間配分が作れるでしょう。

そして、司法試験の論文式試験の対策には合格者が試験の現場で実際に書いた答案を本人が再現した再現答案というものが参考になる教材になります。司法試験予備校や再現答案や予備校の答案と自分の答案を比べて何ができていて何ができていないのかという点を整理して、さらなる勉強に繋げていくことができます。

また、司法試験予備校や司法試験合格者が答案の添削を受け付けているため、それも用いて答案の悪い癖を指摘してもらうことも非常に参考になるでしょう。予備校などに通っていれば模範答案があるから問題ないと思う方もいるかも知れませんが、制限時間内に答案を書き上げようとすると法的三段論法が崩れてしまったり主張を落としてしまったりすることがよくあります。そのような場合には、第三者の目線からそれらの問題点を指摘・修正してもらうことも大切です。

▼こちらの記事も合わせてご覧ください。
難関資格試験の司法試験!その効率的な勉強法とは?

4 サマリー

いかがだったでしょうか。今回の記事でみたように、司法試験や予備試験の問題、特に論文式試験の問題は条文や判例などの知識を用いながら具体的事案に即して解答するということが求められます。実際にそれを実践できるには過去問などを通して反復して学習することが求められ、簡単なものではありませんが、予備校等を用いることで効率的に学習を進めていくことができます。みなさんもこの記事を参考にしてみてくださいね。

5 まとめ

  • 司法試験は短答式試験と論文式試験の2段階の試験がある。
  • 法律学習のインプット段階ではわからなくともどんどん先に進み、アウトプットへも積極的に進む。
  • 司法試験、予備試験の短答式試験は条文と判例が基本的に出題され、過去問題集を繰り返して解いたり、条文を素読したりすることが有効。
  • 司法試験、予備試験の論文式試験では条文や判例などを具体的な事案に即して解答することが求められる。
  • 論文式試験の対策には、事例問題集や過去問題集を再現答案や予備校の添削などを用いながら進めていくのが有効。

司法試験カテゴリの最新記事