【誰も教えてくれない!?】長丁場の試験の注意事項!!

【誰も教えてくれない!?】長丁場の試験の注意事項!!

西:岡嶋さん。いやー凄い話聞いちゃいました。泣いちゃったとか。トイレ漏らしそうになったとか。結構長い試験だとそういうこともありえるんですね。

岡嶋:はい。ほんとに長いです。

西:何時間でしたっけ?

岡嶋:公法系だと憲法、行政法で1時間10分1時間10分で2時間20分。これが短いほう。

西:あれ。それが短いほう。

岡嶋:民事系は民法、商法、民事訴訟法1時間10分かける3なので3時間半なんです。

西:3時間半ってやっぱりね、どんなに長い試験でも3時間って超えなくないですかね普通の人だったらね。

岡嶋:ただ3時間の試験にほかにもう1個ありまして。民事実に刑事事実。実務家基礎ってやつも3時間かけてるんですよ。

西:長い。長い試験だったら、そりゃトイレにも行きたくなりますよ。

岡嶋:トイレ行きたくなりますね。試験中3時間半、2時間20分なんで飲んでいいのはペットボトルだったらOKなんです。

西:飲み物も持ち込み可なんですね。

岡嶋:持ち込みOKです。地面に置くっていうのでOKなんですけど。缶とかの形とかはダメなんですけどもペットボトルだったら飲んでもOKっていう試験ですね。

西:缶はダメでペットボトルはいいんだ。

岡嶋:ペットボトルだったら何本でも持ち込んで可能ですね。

西:そんな何本も持ってきます?

岡嶋:持ってくる人いて邪魔だなと思ったのは席の後ろの人が5,6本置く。そんな飲まないだろっていう

西:絶対飲まないよね。てかそんなに飲んだらトイレ何回行くんだみたいなね。

岡嶋:トイレってのが結構大事な問題で。

西:だって漏らしかけたご本人が。

岡嶋:わかんなくなると暇になってくるんで、手が。そうするとどうしても飲むんですねジュースを。

西:わかるわかる。手はあいちゃってますからね。考えてる時間って。

岡嶋:そうすると飲んじゃうんですね。ひたすらジュースを飲んで飲んでそうするとトイレに行きたいなと。ただここで行ったら俺終わるなと。もう答案書けない。最後には答書けないと。

西:時間がないと。トイレ行く時間だって試験時間に入ってますもんね。

岡嶋:しかもトイレが遠かったりするんですよね。試験場によっては。場所によっては。

西:近かったらね、男の人ならチャっとできるけどね。

岡嶋:ただお腹こわすこともあるんで。冷えてると夏場で。論文式試験は7月なんで冷房がガンガン効くと、そうするとお腹が痛くなると。

西:冷房ガンガンでお水もガンガン飲んだら。ちょっと危険ですね。

岡嶋:水分補給は何をするか。結構大事になってきてて。トイレに行かない程度に飲む。

西:でも飲まないとね。やってられないですもんね。

岡嶋:飲まないとやってられない。わけわからないんで。本番は本当に緊張して、あとから見ると簡単な問題なんですけど、本番はわけがわからない。なんだこの問題見た事ねぇぞって問題ばっかです。

西:日本語じゃない。やっぱその緊張の文も考えてね、備えとかないといけないですよね。

岡嶋:とにかく模試とか自分で過去問やった時にそういうシュミレーションしたりとかってのが大事かなと思ってますね。

西:たしかにね。どのくらい飲み物を用意したらいいかとか。飲みすぎたらいけないとか、そういうことちょっと今まで考えなくないですか。

岡嶋:考えなきゃいけないですね、あの試験は。あとはですねもう1個追加するとですね。ペンなんですね大事なのは。3時間半で4ページのものを書かなきゃいけないと。そうするとインクの量がなくなってきたり、インクが書けなくなってくる最期に。

西:そんなに書くんですか。

岡嶋:例えば公法系でインクをチェンジしなかったために民事系とか他の科目で書けなくなるとかってことザラにあるんですよ。どんなペンをさらにサラサラって書けるペンを使うべきなんですよ。万年筆を使うのが個人的にオススメなんですけど。慣れたペンで。インクの交換もどうするか考えとかなきゃいけない。

西:普通に考えたらどういうことを書くか考えようとか、どういう知識を押さえとこうとかなるけど案外ね飲み物とトイレとペンが大事。

岡嶋:本当に大事。この3つは。

西:意外とこういうこと教えてくれ人っていないかもしれないですね。

岡嶋:トイレで漏らしそうになった話をするような人はいないですからね。

西:結構ね、あらゆる人が見てるここで言うってのも中々勇気がいることですけども。

岡嶋:結構恥ずかしいですね。

西:でもこういう人だっていっぱいいるわけですから。貴重な話ですよ。

岡嶋:確かにそうですね。じつはオムツ履いたって人もいますからね。

西:本当に。過酷な試験ですよね。

岡嶋:本当に過酷な試験です。

西:ありとあらゆることを考えて備えておくっていうのが大事ですかね。

予備試験カテゴリの最新記事